• トップ
  • リリース
  • 圧倒的なキューバの“熱”を表現した写真展 Cuba, Patria y Libertad - キューバ 祖国と自由 - 大正大学キャンパス内で4月1日から開催(入場無料)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

学校法人大正大学

圧倒的なキューバの“熱”を表現した写真展 Cuba, Patria y Libertad - キューバ 祖国と自由 - 大正大学キャンパス内で4月1日から開催(入場無料)

(@Press) 2017年03月27日(月)13時00分配信 @Press

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)のキャンパス内に設置されているアートスペース「ESPACE KUU 空(エスパス空)」では、2017年4月1日(土)より、「Cuba, Patria y Libertad - キューバ 祖国と自由 -」を開催します。写真家の中野正貴氏が、圧倒的なキューバの“熱”を表現するべく、複数の写真をコラージュし、重層的な暗室作業を経て、“生のキューバ”を再現します。

大正大学「ESPACE KUU 空」ホームページ http://taisho-kuu.tokyo/


■ポイント
(1) キャンパス内でビジュアルアートを展示
(2) 誰でも無料で入場可能
(3) 会期中はアーティストによるギャラリートークやブック・サイニングも開催予定


■開催概要
会期  :2017年4月1日(土)〜6月25日(日)
会場  :ESPACE KUU 空(大正大学5号館1階) 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
開場時間:10:00〜19:00
入場料 :無料(どなたでもご入場いただけます)
主催  :大正大学
後援  :豊島区
特別協力:NPO法人東京画
出品作品:約20点


■中野正貴 Masataka NAKANO
1955年福岡県生まれ。翌年、東京に居を移し、以来東京在住。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、写真家の秋元茂氏に師事。その後、フリーランス・フォトグラファーとして独立。各種広告、雑誌表紙などを手がける。


■ESPACE KUU 空
「エスパス空」は写真を中心とするビジュアルアートの展示を通して、学生のみならず、地域と共に新たなカルチャーを生み出す機能を果たすアートスペースを目指して、大正大学のキャンパス内に開設されました。仏教系大学として培ってきたDNA、精神性を深め、人生を豊かに生きるための叡智やヒントをアーティストとオーディエンスが共有し、文化を支え合うコミュニケーションの輪がここから生まれるよう、会期中にはレクチャー、トークセッション、ワークショップ、読書会、コンサートなどを開催していきます。


■会場・開場時間に関する問い合わせ
大正大学 学長室企画調整課
〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
TEL:03-3918-7311(代)
kuu@mail.tais.ac.jp


■作品・作家に関するお問い合わせ
株式会社クレー・インク
〒107-0052 東京都港区赤坂8-12-25-401
TEL:03-5410-1277
info@taisho-kuu.tokyo
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る