• トップ
  • リリース
  • ちちぶのじか地域活性化プロジェクト 埼玉県秩父産鹿肉の販売を3月より強化

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ちちぶのじか活性化協議会

ちちぶのじか地域活性化プロジェクト 埼玉県秩父産鹿肉の販売を3月より強化

(@Press) 2017年03月28日(火)09時30分配信 @Press

ちちぶのじか活性化協議会(所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野298-1、西秩父商工会内)は、埼玉県秩父産の鹿肉の品質の高さを幅広く知っていただくため、東京都内のフランス料理店を中心に2017年3月より販売を強化していきます。

Facebookページ
https://www.facebook.com/chichibunojika


■販売強化の背景
「他の地域とは違う鹿肉を供給しよう」ちちぶのじかが拘わったのは品質。
ちちぶのじかでは「猟師+食肉処理業者」がタッグを組み、猟法から前処理・保管に至るまで徹底的に拘っています。牛肉にランクがあるように、鹿肉にも味の違いがあり、“鹿肉でのA5ランク”と呼ばれるべく改善を重ねていき、都内フランス料理店を中心に秩父産鹿肉を販売していきます。


■埼玉県秩父産の鹿肉の特徴
(1)罠猟に限定。最高品質の鹿肉のみを供給します
銃猟ではなく罠猟で捕獲した鹿のみを仕入れます。屠殺後に放血し1時間以内に搬入してもらいます。我々の方針に賛同する猟師からしか仕入れません。

(2)捨てる箇所のない上質な鹿肉のみを供給します
臭みの元となる筋膜・脂を丁寧に取り除くため臭みが肉に移りません。捨てる部分がない状態で出荷するため無駄がありません。

(3)食肉処理のプロが責任をもって供給します
昭和49(1974)年設立。食肉処理業の許可を受けた施設で処理しており、衛生面での体制は万全です。出荷する鹿全頭に対して、埼玉県が放射性物質検査にて安全性を確認しています。


■鹿肉の特徴
「薬肉」として漢方に重宝されてきた鹿肉は、低カロリー・低脂肪かつ必須アミノ酸・ビタミン・ミネラルが豊富な健康食材として注目されています。飼育肉とは異なり、抗生物質等の影響がなく完全無添加です。

<ロース肉>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125090/img_125090_3.jpg
脂身が綺麗に入り込み、赤身の肉と脂身が程よいバランスの最高の逸品。ロースト・ステーキに最適。
価格:4,500円/kg〜

<モモ肉>
https://www.atpress.ne.jp/releases/125090/img_125090_4.jpg
脂身が少なく、あっさりした味わい。ヘルシー志向のメニューに最適。煮込み料理に適している。
価格:3,500円/kg〜

◇肉の成分比較表(100gあたり)
カロリー(kcal):鹿肉 147/牛肉 317/豚肉 268/鶏肉253
タンパク質(g) :鹿肉22.6/牛肉17.1/豚肉18.1/鶏肉17.1
脂質(g)    :鹿肉 5.2/牛肉25.8/豚肉19.8/鶏肉19.2
※出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂) 文部科学省


●ちちぶのじかプロジェクト
秩父の豊かな自然のなかで鹿が増え続けました。森林被害・農作物被害が多発したため、鹿は有害鳥獣として駆除されるようになりました。
「自然が育んだ命を大切にしたい」
鹿は駆除されるのではなく大切に扱うべき存在である。と我々は考えます。鹿肉を食べさせていただき、鹿革を利用させていただき、そして鹿に感謝する。決して命を粗末に扱いたくはありません。
Facebookページ: https://www.facebook.com/chichibunojika
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る