• トップ
  • リリース
  • 蓄電池用パワーコンディショナーでメガソーラーの稼働を実現〜長周期の課題を解決〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

蓄電池用パワーコンディショナーでメガソーラーの稼働を実現〜長周期の課題を解決〜

(@Press) 2017年03月28日(火)11時00分配信 @Press

株式会社YAMABISHI(本社:東京都太田区、CEO:蓮池 一憲)は、ハヤシソーラーシステム 高柳発電所(鹿児島県伊佐市)にリチウムイオン蓄電池用PCS(パワーコンディショナー)を導入し、2017年2月から稼働いたしました。

▼「蓄電池用パワーコンディショナー」お問い合わせURL▼
http://www.sotuu.net/yamabishi/campaign201703.html


本事業はSII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)より平成26年度補正予算 再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(再生可能エネルギー発電事業者のための蓄電システム導入支援事業)に採択され、長周期の出力変動対策として導入いただきました。日中の発電電力を全て蓄電池に貯蔵し、夜間に放電します。日中は軽負荷時の余剰電力が発生しないため、系統に負担をかけません。太陽光発電との接続は出力変動対策に最適なDCリンク方式を採用しています。電力系統に影響を与えない理想的なソーラーシステムです。

2030年のベストミックス案では、再生可能エネルギーは22〜24%を目標としています。持続可能な低炭素社会の実現に向け、蓄電池用PCSの導入を通じて再生可能エネルギーの更なる普及に貢献してまいります。


◆システム構成
太陽光パネル    :1.2MW
蓄電池用PCS     :1MW
リチウムイオン蓄電池:6.4MWh

◆蓄電池用PCS 概要
型式:YRW-750-200SHX-5PVX4
電圧:三相3線 440V
出力:200kW(MPPT DC/DCコンバータ50kW×4ユニット内蔵)
台数:5台

◆高いシステム総合効率
DCリンク方式及びSiCデバイスの採用により、従来型と比較して発電〜放電まで最大10%のエネルギー効率改善が見込めます。(※1)
トータル変換効率94.5%(MPPT DC/DCコンバータ98.5%、蓄電池用PCS96%)
(※1) 公表されている公共産業向け蓄電システムの効率比較による(当社調べ)。
蓄電池の充放電効率は考慮外。

◆DCリンク方式
太陽光発電を直流のままダイレクトに蓄電する方式です。太陽光用PCSで交流に変換する「ACリンク方式」と比較して、変換損失が少なく収益性の向上が期待できます。また、太陽光発電が急峻な変動をしても電力系統に影響を与えません。

◆SiCデバイス
蓄電池用PCS、MPPT DC/DCコンバータともにSiCデバイスを採用しています。従来のIGBTと比較して、最大25%の損失低減を実現いたします。


■株式会社YAMABISHI会社概要
商   号  :株式会社YAMABISHI( http://www.yamabishi.co.jp )
代表者    :CEO 蓮池 一憲
本社所在地  :東京都大田区大森北2-4-18
設立年月日  :1958年3月
主な事業の内容:電源装置の開発・製造・販売
資本金    :3,000万円
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る