• トップ
  • リリース
  • 〜スーパー大麦バーリーマックスで快腸生活〜新鮮な季節野菜が美味しいイタリアンHATAKE AOYAMAにて3月1日よりランチプレートにスーパー大麦を採用

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

スーパー大麦素材事務局

〜スーパー大麦バーリーマックスで快腸生活〜新鮮な季節野菜が美味しいイタリアンHATAKE AOYAMAにて3月1日よりランチプレートにスーパー大麦を採用

(@Press) 2017年03月22日(水)18時00分配信 @Press

 この度、新鮮な季節野菜を使ったイタリアンで有名な『HATAKE AOYAMA』(所在地:東京都港区南青山5-7-2 B1)にて、スーパー大麦「バーリーマックス」を使用した『HATAKE LUNCHスーパー大麦バーリーマックスプレート』を2017年3月1日(水)から展開しています。
 このスーパー大麦バーリーマックスプレートは、普段、平日50食限定のランチメニューで提供しているHATAKE LUNCHの中にスーパー大麦「バーリーマックス」を加えたプレートです。スーパー大麦「バーリーマックス」は腸内改善に関するエビデンスに基づいて1日の摂取推奨量を12gに設定しています。今回のランチプレートは、12g以上を摂取できるようシェフが日替わりでその日の食材に合わせたメニューを考案するスペシャルランチメニューです。


<メニュー例>
■「野菜と大麦のフリッタータ」
 蒸したバーリーマックスの玄麦を溶き卵に混ぜた卵料理
■「白インゲン豆と大麦のトマト煮」
 煮たバーリーマックスの玄麦をトマトと白インゲンと和えた付け合わせ
■「ジャガイモのスープ 大麦フレークかけ」
 バーリーマックスのフレークをローストし、ジャガイモスープにトッピング
■「マスカルポーネのムース」
 バーリーマックスのフレークをローストし、チョコでコーティングしたマスカルポーネのムース
■「大麦とオレッキエッテ 魚介のラグーソース」
 オレッキエッテに蒸したバーリーマックスをかけた魚介のラグ―ソースのココット


<神保 佳永(じんぼ よしなが)/シェフ>
 食感が特徴的なので、サラダやスープなどに少しのアレンジで良いアクセントとして使えます。また、様々な調理法で飽きずに楽しみながらお召し上がり頂ける様に仕立てました。野菜たっぷりのHATAKE LUNCHに食物繊維豊富なスーパー大麦を加えることで、腸の奥からキレイになれるスペシャルランチコースが完成しました。


<スーパー大麦「バーリーマックス」とは…>
 スーパー大麦「バーリーマックス」は、一般の大麦に比べて2倍の総食物繊維量、4倍のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)を含む大麦として広く知られています。レジスタントスターチは、腸内細菌の「エサ」となり、短鎖脂肪酸(*)の産生に関与していることが近年の研究により明らかになっており、レジスタントスターチが細胞壁を構成する不溶性および水溶性食物繊維に包まれた構造を取ることで、消化酵素による分解を受けにくくなり、大腸の奥まで届くことが期待されています。

 (*)短鎖脂肪酸:腸内細菌が食物繊維を発酵分解して産生するもので、代表的なものに、酢酸、プロピオン酸、酪酸などがある。


<HATAKE LUNCH>
1日50食限定 スーパー大麦バーリーマックスプレート(平日限定)¥1,350-
※当日の仕入れ食材の内容によってメニューが異なります。
※土日祝日は、週末限定ランチコースのご案内となります。
※金額は税込価格となります。

・旬のスープ・フォカッチャ
・野菜の前菜10種類盛り合わせ
・本日のココット
・小さなドルチェ*+350円でデザートの盛り合わせに変更可能
・お飲み物(コーヒー、紅茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、ウーロン茶)*+300円でゴボウ茶・ゴーヤ茶に変更可能

【所在地】  東京都港区南青山5-7-2 B1
【営業時間】 LUNCH(平日)      11:30-15:00(l.o.14:30)
       LUNCH(土・日・祝)   11:30-15:00(l.o.14:00)
       DINNER(平日・日・土) 17:30-23:00(l.o.22:00)
       DINNER(祝・日)    17:30-22:00(l.o.21:00)
【定休日】  不定休
【公式URL】  http://www.hatake-aoyama.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る