• トップ
  • リリース
  • 東京で3月21日に開花、桜の開花予想日的中 早い開花の原因は晩秋の冷え込み

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

日本気象株式会社

東京で3月21日に開花、桜の開花予想日的中 早い開花の原因は晩秋の冷え込み

(@Press) 2017年03月22日(水)13時00分配信 @Press

日本気象株式会社(本社:大阪市、代表取締役:鈴木 正徳、以下 日本気象)は、気象庁による平年より5日早い2017年3月21日の東京の桜の開花発表を受けて、今シーズンの東京の開花傾向と開花予想の検証を行いました。
日本気象は、1月18日より全国約1,000カ所の桜の名所、及び各都市のソメイヨシノの開花日・満開日の予想を行っています。


■2017年の東京の桜の開花予想について
日本気象の東京の開花予想日は、第1回発表(1月18日)の時点で3月22日と、誤差1日で予想できていました。またその後も、多少の前後はあったものの誤差2日以内を維持し、開花直前の第7回発表(3月16日)では、開花予想日が3月21日と誤差0日で予想できていました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/124829/img_124829_2.png


■平年よりも早く開花した理由
桜の花の元となる花芽(かが)は、開花前年の夏につくられ、まず(1)休眠に入り、低温にさらされるほど休眠から覚めていき、やがて休眠打破します。そして休眠打破以降は、(2)生長に入り、気温が高いほど開花に向かって進んでいきます。
今シーズンの東京では、(1)休眠の段階で、10月下旬から11月上旬にかけて強い冷え込みがあったため、休眠からの覚醒が平年と比べて早く進み、休眠打破の時期も平年より3日ほど早く1月下旬頃には完了し、(2)生長段階に入りました。
生長段階に入った以降も、概ね平年並みかやや高い気温で推移したため、結果的に平年より5日早い開花となりました。

関東地方の他の地域では、3月後半は平年よりやや低めの気温が予想されるものの、生長自体は順調に進んできており、開花時期は平年並みか平年より早くなる予想です。
今週末から来週にかけて東日本や西日本で続々と開花の知らせが届くでしょう。

https://www.atpress.ne.jp/releases/124829/img_124829_3.png


■日本気象の桜の開花・満開予想について
日本気象では、桜の開花・満開予想を下記サイトやアプリで無料掲載しています。

・日本気象株式会社Webサイト(2017年桜の開花・満開予想)
https://n-kishou.com/corp/news-contents/sakura/news2017.html

・天気防災総合サイト「お天気ナビゲータ」桜ナビ(無料)
「お天気ナビゲータ」では、桜情報をお伝えするコーナー「桜ナビ」で全国約1,000カ所の桜の名所と主要都市の開花・満開予想日の他、日本気象独自で開発した「開花メーター」を、期間中無料で掲載しています。
http://s.n-kishou.co.jp/w/sp/sakura/sakura_top.html

・アプリ「桜のきもち」(無料)
「桜のきもち」は、全国の桜の名所の開花・満開予想日や、桜の生長状態(開花メーター)がわかるアプリです。桜の名所に近づくと桜の状態を通知でお知らせします。
(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1080542459?ls=1&mt=8
(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jmc.android.SakuraKaika

・2016年の桜の開花傾向と開花・満開予想結果
https://n-kishou.com/corp/news/contents/news160607/


【日本気象株式会社 概要】
本社所在地: 大阪市浪速区幸町2-7-6 大阪桜川ビル
代表者  : 代表取締役 鈴木 正徳
URL    : http://n-kishou.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る