• トップ
  • リリース
  • 《ラグビーシンポジウム》「ラグビーW杯2019に向けて ―歴史的勝利の裏側と新たなステージへ―」4月1日、駿河台キャンパスにて開催

プレスリリース

学校法人明治大学広報課

《ラグビーシンポジウム》「ラグビーW杯2019に向けて ―歴史的勝利の裏側と新たなステージへ―」4月1日、駿河台キャンパスにて開催

(@Press) 2017年03月21日(火)11時00分配信 @Press

明治大学リバティアカデミーは4月1日(土)、2015年ラグビーW杯での歴史的勝利の裏側と2019年W杯の展望について考えるシンポジウムを開催します。登壇者には、元ラグビー日本代表キャプテンで慶應義塾大学出身の廣瀬俊朗氏、早稲田大学出身の畠山選手、明治大学出身の田村選手をお迎えします。入場無料、要事前申込(先着800人)。
2015年に開催されたラグビーW杯イングランド大会で、日本代表が強豪・南アフリカ相手に大金星を挙げただけでなく、体格で劣るサモアやアメリカにも勝利したことは日本中に感動を与えました。まずは第一部基調講演として、元日本代表キャプテンである廣瀬俊朗氏をお招きし、その勝利の裏側や「勝利のためのマネジメント」について講演いただきます。
第二部では、2019年に日本で行われるワールドカップに向けて、廣瀬選手の他、現役選手、ジャーナリスト、大学教員を交えたパネルディスカッションを開催いたします。今回の講座はどなたでもご参加いただけます(要事前申込)。ラグビーを愛する小中高生のみなさんのご参加もお待ちしています。

明治大学リバティアカデミー 2017年度開講オープン講座
「ラグビーW杯2019に向けて ―歴史的勝利の裏側と新たなステージへ―」
日 時: 2017年4月1日(土)13:00〜15:00(12:30開場予定)
場 所: 明治大学駿河台キャンパスアカデミーコモン3階 アカデミーホール
内 容: 一部 基調講演「勝利のためのマネジメント」
二部 パネルディスカッション「ラグビーW杯2019に向けて」
パネリスト: 廣瀬 俊朗(慶應義塾大学出身、元ラグビー日本代表キャプテン)、畠山 健介(早稲田大学出身、サントリーサンゴリアス所属)、田村 優(明治大学出身、ラグビー2015年W杯メンバー)、小笠原 泰(明治大学国際日本学部教授)
進 行: 村上 晃一(ラグビージャーナリスト)
申 込: TEL 03-3296-4423、WEB( http://academy.meiji.jp )にて受付(先着800人)
【協力】一般社団法人日本ラグビーフットボール選手会、【後援】千代田区

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る