• トップ
  • リリース
  • “ファッションは、自由であれ!”EarldomとFACTOTUMが出会い生まれた、新感覚のネックウェア2017A/Wコレクションに誕生

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アラ商事株式会社

“ファッションは、自由であれ!”EarldomとFACTOTUMが出会い生まれた、新感覚のネックウェア2017A/Wコレクションに誕生

(@Press) 2017年03月21日(火)17時00分配信 @Press

ネクタイ・ストール ブランド Earldom(アラ商事株式会社、本社:東京都中央区日本橋、代表取締役:荒川 正博)とファッションブランド FACTOTUM(有限会社ロスチャイルド、本社:東京都渋谷区鶯谷町、代表取締役:有働 幸司)がコラボレーションした「Earldom×FACTOTUM」が今秋NEWレーベルとして誕生いたします。


■NEWレーベルについて
クラシックでトラッド、正統派のネック・ストールブランド Earldom(アールダム)とトラッドテイストを残すストリートファッションをベースにしたメンズブランド FACTOTUM(ファクトタム)のコラボレーションが実現し、新感覚のネックウェアコレクションが出来上がりました。両ブランドの共通項であるトラッドテイストを活かしながら、長年培った当社の技術と日頃から日本の産地やモノづくりにこだわったコレクションを発表しているFACTOTUMがタッグを組み、新しいクリエーションが生まれました。
今シーズンは“ファッションは、自由であれ!”をテーマに、世界中の伝統的な柄などを取り入れたエスニックテイストのデザインを当社の職人による巧みな織り、プリント技術を用いて、大判のストールとネクタイに落とし込みました。

生地は、今、注目されているマットな質感が特徴のスパンシルク(※1)を使用。通常の絹糸で織られた生地より柔らかい風合いに仕上り、ドレープが美しく、しなやかな巻き心地を味わえます。また、ドレスシーン、カジュアルシーン問わずコーディネイトを楽しめる、使いやすさにもこだわりました。ネクタイはストールと同じプリント柄を使用。生地の取り方によって一つ一つデザインが異なり、2つとして同じものがないという「一点モノ感」も魅力です。

ファッションこそ自由であるべきです。
だからこそ生まれた新しい発想のネックウェアコレクションを、ぜひお楽しみいただければ幸いです。


■Earldom×FACTOTUM
製品仕様 :サイズ 70×190cm 1柄 2色展開 各¥20,000(税込 ¥21,600)
      サイズ 100×190cm 1柄 2色展開 各¥32,000(税込 ¥34,560)
販売開始 :2017A/Wシーズンより販売(2017年8月頃)
※生地は、群馬県桐生市にある自社の織物工場(ALPHATEX)で織られています。


(※1) スパンシルク
スパンシルク=絹紡糸(けんぼうし)
生糸を製造する際に出る、短い絹糸を特別に集めて紡いだ糸の事です。


■Earldom(アールダム)
アールダムは、ベーシックにこだわり、その時代に合うネクタイを創り続けている、アラ商事株式会社の顔ともいえるオリジナルブランドです。
【クオリティ】【オリジナリティ】【エキサイトメント】が伝わるネクタイを日本から世界に発信して行くことがアールダムに込めた思いです。


■FACTOTUM デザイナー 有働 幸司(うどう こうじ)
1971年生まれ。東京モード学園卒業後、株式会社BEAMS入社。
退社後ロンドンに留学、帰国後、国内ブランドの立ち上げに参加。その後、独立し、2004年にFACTOTUMをスタート。デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズの融合。テーラード、ワーク、ミリタリーをベースにしたワードローブを展開。毎シーズン、テーマとなる国を訪れ、そこで出会った人や風景、空気からインスパイアされた服づくりを行なう。


<アラ商事株式会社 Facebook>
https://www.facebook.com/ara.neckwear

<FACTOTUM ホームページ>
http://factotum.jp/


■お問い合わせ先
アラ商事株式会社
担当: 吉田
MAIL: yoshida@aranet.co.jp

有限会社ロスチャイルド
担当:プレス 久戸瀬(くどせ)
TEL :03-5428-3434
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る