• トップ
  • リリース
  • 日本中がドラマのネタ!脚本家養成実績No.1のシナリオ・センターが創立47周年を記念し「47行の物語〜“47都道府県×ごはん”シナリオコンクール」開催中!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社シナリオ・センター

日本中がドラマのネタ!脚本家養成実績No.1のシナリオ・センターが創立47周年を記念し「47行の物語〜“47都道府県×ごはん”シナリオコンクール」開催中!

(@Press) 2017年03月22日(水)13時00分配信 @Press

株式会社シナリオ・センター(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林幸恵)は、1970年創立以来、600名以上の脚本家・小説家を輩出している実績No.1のスクールです。
今年47周年を迎えるにあたり2017年2月〜11月の10か月間、“47都道府県×ごはん”をテーマにしたシナリオ(脚本)コンクールを開催しています。
『ゲゲゲの女房』の山本むつみ、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の寺田敏雄、『東京タラレバ娘』の松田裕子など(いずれも当センター出身)、審査員が豪華な脚本家陣なのも本コンクールならではです。


【「47行の物語〜“47都道府県×ごはん”シナリオコンクール」とは】
47周年の「47」とシナリオのシナ=「47」をかけ、「47」行で「47」都道府県のシナリオを書いていただくコンクールです。全国を10地区に分け、10か月かけて募集します。地域性が強く出るシナリオをしっかり審査するため、審査員には各地域の出身著名ライターをお迎えしました。どなたでも気軽にご参加いただけるよう、初めてでも書きやすい文字数に抑え、テーマを身近な“47都道府県×ごはん”(例:佐賀県の丸ぼうろ)にしました。毎月月間最優秀作を選定し、11月にその中から年間最優秀作品を決めます。

※応募要項は本リリース文末、 http://www.scenario.co.jp/47th16670 をご参照ください。
※シナリオのヒントとして、各自治体にヒアリングした「ご当地情報」を上記URL下部に掲載しています。


【豪華脚本家陣にあなたのシナリオを読んでもらえるチャンスです!】
エリア:北海道
審査員:山本むつみ
出身地:旭川
代表作:『相棒』(テレ朝)/『ゲゲゲの女房』(NHK)/
    映画『いつまた、君と』2017年公開予定

エリア:東北(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)
審査員:あべ美佳
出身地:山形
代表作:映画『いしゃ先生』/『鬼平犯科帳』(アニメ版)

エリア:関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)
審査員:荒井修子
出身地:千葉
代表作:『水族館ガール』(NHK)/『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(NTV)

エリア:東京
審査員:寺田敏雄
出身地:東京
代表作:『必殺仕事人2009』(テレ朝)/
    『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレ朝)

エリア:東海(静岡・愛知・岐阜・三重)
審査員:いずみ吉紘
出身地:愛知
代表作:『デスノート』(NTV)/映画『帝一の國』2017年公開予定

エリア:北陸(新潟・山梨・長野・富山・石川・福井)
審査員:松田裕子
出身地:新潟
代表作:『東京タラレバ娘』(NTV)/
    『兄に愛されすぎて困ってます』(映画2017年公開予定&NTV)

エリア:近畿(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)
審査員:森下直
出身地:大阪
代表作:『科捜研の女』(テレ朝)/『相棒』(テレ朝)

エリア:中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)
審査員:吉田玲子
出身地:広島
代表作:映画『聲の形』/映画『夜明け告げるルーのうた』2017年公開予定

エリア:四国(徳島・香川・愛媛・高知)
審査員:浜田秀哉
出身地:香川
代表作:『ラストホープ』(CX)/映画『プラチナデータ』

エリア:九州・沖縄(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)
審査員:柏田道夫
出身地:鹿児島
代表作:映画『武士の家計簿』/映画『一茶』2017年公開予定


【本コンクールの目的】
シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。なぜならシナリオは、登場人物すべての性格や気持ちを考えて書くので、相手のことを「考える力」を強くするからです。
今回、“47都道府県×ごはん”をテーマにしたのは
◆自分が住む土地の文化や暮らしに、改めて興味を持つきっかけになってほしい。
◆自分が知らない土地の、文化や暮らしも知ってほしい。
◆上記2点から、「それぞれの土地に、人それぞれのドラマがある」ことを知り、=「日本には様々な文化があり、様々な人がいるという当たり前のこと」に気づいてほしい。
という想いを込めています。


【シナリオ・センターとは】
シナリオ・センター(1970年創立)は、映像で伝える技術について日本屈指のノウハウを持ち、業界最多の脚本家や小説家を輩出している学校です。
ジェームス三木や内館牧子、大河ドラマ『おんな城主 直虎』の森下佳子、連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和などの脚本家、赤川次郎、乃南アサ、鈴木光司などの小説家など、600名以上の卒業生がプロのライターとして活躍しています(2017年1月現在)。


【コンクール応募要項】
<課題>
「47都道府県(あなたが住んでいる、思い出の地など)+ごはん」

<応募資格>
特になし
※どなたでもご参加いただけます。
※YouTubeにシナリオの書き方動画を掲載しています。
https://www.youtube.com/watch?v=898sKkkpbPw&feature=youtu.be

<賞金>
◆年間最優秀「47行の物語」賞 47,000円+副賞
◆月間最優秀作品 4,700円+月刊シナリオ教室掲載

<締切>
毎月第4週目土曜日 19時30分必着

<宛先>
〒107-0061 東京都港区北青山3-15-14 シナリオ・センター事務局まで持参もしくは送付

<応募規定>
◆毎月1人1本のみ提出可能
◆200字詰原稿用紙に縦書きで、シナリオ形式で47行(ペラ5枚まで)
◆パソコンで印字する場合は、B5サイズの用紙を横に使い、縦書きで20字×20行(B5用紙 2枚半まで)
◆表紙1枚「47行の物語」と指定地域名書き、題名、名前を書く
◆人物表1枚
◆本文 ペラ5枚(手書き)or2枚半(PC)
◆裏表紙1枚 名前(ペンネームの場合、本名も明記)住所・電話番号・センター生は所属を明記
◆2箇所をホチキス留
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る