• トップ
  • リリース
  • ナショナル ジオグラフィック日本版2017年4月号3月30日(木)発売!

プレスリリース

  • 記事画像1

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナル ジオグラフィック日本版2017年4月号3月30日(木)発売!

(@Press) 2017年03月17日(金)15時00分配信 @Press

日経ナショナルジオグラフィック社(代表:中村尚哉、所在地:東京都港区白金)は、『ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年4月号』を3月30日(木)に発行します。

「ナショナル ジオグラフィック」誌は、米国ワシントンD.C.に本部を置く世界最大級の非営利の科学・教育団体ナショナルジオグラフィック協会が1888年に会員誌として創刊しました。協会の発足以来、1万件以上の研究・調査プロジェクトを支援し、大地・海・空に広がる「世界の地理知識向上」に貢献しています。
「ナショナル ジオグラフィック日本版」は1995年4月に初めての外国語版として創刊されました。その後、イタリア語、ギリシア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、韓国語などおよそ40の言語で発刊されており、全世界で850万人が購読しています。

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動
「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。

ナショナルジオグラフィック日本版 2017年4月号
発売:2017年3月30日(木)/定価:1,010円(税込)/
発行元:日経ナショナルジオグラフィック社
判型:B5変型判(254mm×175mm)・平綴/ページ数:150ページ/通巻:265号
発行人:中村尚哉/編集長:大塚 茂夫

<特集(6本)>
■テクノロジーで加速する人類の進化
歩く代わりに車に乗り、記憶をインターネット検索に頼り、遺伝子を編集できるようになった現代人。この先、人間は自然淘汰ではなく、科学技術によって進化していくのだろうか?

■エチオピアの草原に生きるゲラダヒヒ
豊かなたてがみと胸の赤い斑紋が目を引くゲラダヒヒ。原生のサルとしては唯一、草を主食とする。生息地であるアフリカ東部の草原は、住民が生活のために守ってきたものだ。

■イラクISの爪痕
過激派組織「イスラム国(IS)」の支配下にあったイラク北部の都市モスルで、奪還作戦が始まった。線化の迫る街から避難する住民たち。その証言で、ISの残虐さが改めて明らかになるつつある。

■解け出した氷の下の歴史
米国アラスカ州の先住民ユピックの精神を映し出す遺物が、温暖化で解け始めた凍土とともに、失われつつある。

■誰もいない世界
人類がいなくなったら、私たちが暮らす街はどうなるか?二人の米国人女性アーティストがミニチュアで表現した。

■パキスタン辺境の地で
伝統が息づく山岳地帯、ゴジャール地方。最新技術と教育の恩恵を受けた若者たちが、新たな時代を築き始めた。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る