• トップ
  • リリース
  • DDS本人認証セキュリティが242自治体で稼働〜2016年度、新たに168自治体で採用〜

プレスリリース

株式会社ディー・ディー・エス

DDS本人認証セキュリティが242自治体で稼働〜2016年度、新たに168自治体で採用〜

(@Press) 2017年03月22日(水)16時00分配信 @Press

指紋認証を始めとした様々なセキュリティ・ソリューションを提供する株式会社ディー・ディー・エス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:三吉野 健滋、以下、DDS)の、認証プラットフォーム「EVE FA」「EVE MA」が、2016年4月から2017年3月までに168自治体に新規採用された結果、保守契約中の自治体と合わせ合計242自治体で稼働中であることを発表いたします。

2015年10月に始まりましたマイナンバー制度の本格運用により、地方公共団体のマイナンバーを取扱う事務による個人情報漏洩を防ぐため、2016年度に総務省より地方公共団体情報セキュリティ強化対策の補助金が交付されました。その強化対策の1つとして、本人確認時の二要素認証があげられており、DDSは各市区町村へ認定販売パートナー様と協業して導入のご提案をしてまいりました。その結果、当社の多要素認証セキュリティプラットフォーム製品であるEVEシリーズが2016年度末時点で合計242自治体でご利用いただくこととなりました。また、保守契約を締結中の74自治体の内58自治体において追加のご採用もいただいております。


DDSは引き続きマイナンバー制度によるセキュリティ強化に対応するだけでなく、5月30日施行の改正個人情報保護法による各府省からのガイドラインに準拠した認証ソリューションを展開し、全てのお客様に安全性の確保と可用性を高めることに貢献してまいります。


■株式会社ディー・ディー・エスについて
DDSは、指紋認証ソリューションのリーディングカンパニーとして創業以来、産学連携による技術開発に積極的に取り組んでおります。多様化する情報セキュリティ・ソリューション・ニーズに対応可能な「多要素認証統合プラットフォームEVE MA」および「二要素認証ソリューションEVE FA」をはじめとする情報セキュリティ製品の開発・販売を行っております。
2014年4月、オンライン認証の標準化団体であるFIDO(Fast IDentity Online)アライアンスに、国内企業として初めて加入。2015年10月には、FIDO認定製品である指紋認証デバイス“magatama(TM)”を発表し、本人認証の世界を広げる新しい認証サービスの普及に努めております。


※プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ディー・ディー・エス
営業本部 バイオ営業部
TEL : 03-3272-7900
Email: sales@dds.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る