• トップ
  • リリース
  • 自動車業界向けディーラーサポートシステム「DSS」パッケージを発表

プレスリリース

  • 記事画像1

マンパワーグループ株式会社

自動車業界向けディーラーサポートシステム「DSS」パッケージを発表

(@Press) 2017年03月16日(木)10時00分配信 @Press

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、http://www.manpowergroup.jp)は、日本自動車販売協会連合会の促進する「自動車保有関連手続きのワンストップサービス(通称OSS)※1」及び、自動車情報利活用促進協会の「OSS申請共同利用システム(通称AINAS)※2」を利用するにあたり、必要な申請情報を連携するディーラーサポートシステム「DSS-N(新車登録対応)」「DSS-U(中古車登録対応)」「DSS-C(車検の申請業務対応)」の提供を開始します。

※1: OSSは、自動車を保有するための手続(検査登録、保管場所証明申請等)と税・手数料の納付(検査登録手数料、保管場所証明申請手数料、保管場所標章交付手数料、自動車税、自動車取得税、自動車重量税等)をインターネット上で、一括で行うシステム
※2: AINASは、OSS申請を行う申請代理人(行政書士及び行政書士法第十九条第一項ただし書に規定する総務省令で定める者(いわゆる「適用除外者」))が利用できる申請システム

国土交通省は2017年4月から、自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)を対象とした手続きを拡大・拡充します。また、現在の稼働範囲は、11都府県※3のみですが、全国での稼働を順次予定しています。そのような状況に対応するため、各種ITサービスを提供しているマンパワーグループ・エクスペリスが、4月からシステムサービスが開始されるAINASに対応したインターフェイス実装のディーラーサポートシステム「DSS-N(新車登録対応)」「DSS-U(中古車登録対応)」「DSS-C(車検の申請業務対応)」をそれぞれ独立したパッケージとして提供します。

※3: 岩手県、茨城県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、奈良県

◇システム提供の背景
マンパワーグループは、長年にわたる豊富な経験と幅広い業界知識を駆使し、サービスを提供する組織や個人に対し、強い競争力をもたらすソリューションを創出することを企業理念として掲げている総合人材サービス会社です。今回、2017年4月に予定されているAINASのサービス開始にあわせ、ITソリューションサービスを専門に提供しているマンパワーグループ・エクスペリスが、自動車業界を対象に「働き方」に変革を与えるサポートシステムを発表することになりました。

◇システム概要
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124517/img_124517_1.jpg
従来の自動車登録方法は、自動車購入者が提出した書類(車庫証明・委任状・印鑑証明、住民票)を基に、一部自動車メーカー、中古車販売会社、車検代行会社が「提出書類のチェック」「駐車場のチェック」「車庫証明の申請・提出」「新規登録申請」「ナンバー取得」のチェック作業、書類作成を必要とし、作成された書類を各行政機関等※4へ申請する必要がありました。
ディーラーサポートシステム「DSS」は、自動車業界各社の基幹システム等から申請に必要な車両データ等をまとめてAINAS/OSSへ送信することで申請がワンストップで完了します。また、システム画面への入力を最小限に止め、短時間で自動車の登録データを作成する事が可能です(保管場所証明等の画像ついてはスキャナでデータの取り込みを実施)。

※4: 税務署、運輸局、陸運局、警察署、登録代行センター

◇システムの特長
短時間で登録データの作成が可能: 車両データとの連携や、スキャナによる画像データ取り込みにより、システムに入力するデータは最小限です。
紙申請が不要⇒申請作業はワンストップで対応: 登録データ、画像データをまとめてAINAS/OSSに送信するため、申請先毎に対応していた紙申請の作業が不要となります。
夜10時まで対応: 柔軟な業務運用・顧客対応が可能となります。
ヘルプデスクサポート: システムの使用方法など、不明点はヘルプデスクでサポートします。  

◇本製品に関するお問い合わせ先
マンパワーグループ株式会社 エクスぺリス事業本部東日本テクニカルサービス部 ディーラーサポートシステム「DSS」窓口
電話 :03-6205-5591 (平日9:00〜18:00) 
Mail :ml_dss_contact@experis.jp


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る