• トップ
  • リリース
  • 『父・金正日と私 金正男独占告白』が話題五味洋治氏の金正男関連雑誌記事をまとめて3月17日 電子書籍オリジナルで配信決定

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社文藝春秋

『父・金正日と私 金正男独占告白』が話題五味洋治氏の金正男関連雑誌記事をまとめて3月17日 電子書籍オリジナルで配信決定

(@Press) 2017年03月17日(金)09時00分配信 @Press

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、3月17日より「『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔」(五味洋治・著)を配信いたします。電子書籍オリジナルのコンテンツとなります。

2017年2月13日、クアラルンプール国際空港での金正男の暗殺は全世界に衝撃を与えました。今なお、新事実が続々と明らかになっており、事件全貌の解明が待たれている状態です。
東京新聞の五味洋治氏は、2004年から2012年にかけて、金正男と150通にわたるメールのやり取りを行い、3度のインタビューを実現しました。その模様は著書『父・金正日と私 金正男独占告白』に収められ、世界的な話題となりました。

本作品は、五味氏が金正男と交流を持つにいたるきっかけとなった文藝春秋の記事「初公開 金正男 七通のメール」の他、諸君、週刊文春(最新記事含む)に掲載された、五味氏の金正男関連の記事を再構成した、オリジナルコンテンツです。『父・金正日と私』には掲載されなかった未公開メール9通の存在を明らかにした記事「初公開 金正男の衝撃メール」も収録されています。
亡き今こそ知られるべき、金正男という男の素顔に迫った一冊です。

【五味洋治氏からのコメント】
今回文藝春秋社の厚意により、かつて彼について書いた記事をまとめることができた。「金正男独占告白」に盛り込めなかった内容だ。
中でも「初公開 金正男 七通のメール」は、正男氏が朝鮮語に訳されたものを平壌で読み、その後、私と彼との交流の発端となっただけに、感慨深い。
多くの人に愛され、その死を惜しまれた正男氏の素顔が分かっていただけると思っている。

【目次】
・初公開 金正男 七通のメール
(文藝春秋 2007年3月特別号)
・金正男氏との七年間
(文藝春秋 1012年2月臨時増刊号 諸君!北朝鮮を見よ!)
・初公開 金正男の衝撃メール
(文藝春秋 2012年3月特別号)
・「金正日の遺言」独占入手
(週刊文春 2012年4月19日号)
・金正男と私の13年間
(週刊文春 2017年3月2日号)

■書誌情報■
書名:『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔
著者:五味洋治(東京新聞編集委員)
販売価格:400円(税込、電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります)
詳細URL: http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692038100000000000E
配信日:3月17日

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る