• トップ
  • リリース
  • 「よしもと」と「文藝春秋」が異色のタッグ  まったく新しい文芸誌『文藝芸人』 電子版を3月16日(木)紙版と同時発売!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社文藝春秋

「よしもと」と「文藝春秋」が異色のタッグ  まったく新しい文芸誌『文藝芸人』 電子版を3月16日(木)紙版と同時発売!

(@Press) 2017年03月16日(木)10時30分配信 @Press

 株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、文春MOOK「文藝芸人」の電子版を3月16日(木)に発売いたします。

「文藝芸人」は文藝春秋と笑いの総合商社・よしもとクリエイティブ・エージェンシーがタッグを組んで作った、まったく新しい文芸誌です。よしもと芸人たちがそれぞれの書きたいことを熟慮。文藝春秋の編集者と二人三脚で作品を書き上げました。

「文藝芸人」では、文藝を舞台に、小説、エッセイ、イラストなど、よしもと芸人たちが異才を思う存分発揮しています。天才・松本人志さんは、「若手芸人との『共同論文』」というこれまでにない試みに挑戦、「ゴリラへの詫び状」「火星人の殺し方」「なぜ日本人はウンコが好きなのか?」というシュールなお題を200人以上の若手に提示しました。これに銀シャリ・鰻和弘さん、横澤夏子さん、オカリナさんたちがらしい返しを連発、レジェンドと若手の絡みで新しい笑いの地平が見える好企画となっています。文芸誌といえば小説ですが、ジャルジャル・福徳秀介さんの恋愛小説や平成ノブシコブシの徳井健太が母と息子の関係を描いた自伝的家族小説など、意外な芸人の意外な作品が満載です。元祖・文藝芸人、又吉直樹さんの単独インタビューやブラマヨ・吉田敬さんの「結婚」をテーマにした座談会など、テレビや舞台では観ることができない、芸人たちの魅力が詰まった一冊となっています。


関連ホームページ
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1600864800000000000X


■書誌情報
電子版「文藝芸人」
販売価格:700円 
発売日:3月16日(木) 
※価格・発売日は電子書店によって異なる場合があります。

主要販売電子書店:Kindleストア、楽天kobo、iBooks Store、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、電子書籍を販売している主要書店



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る