• トップ
  • リリース
  • アシスト、意思決定の自動化でデジタル・トランスフォーメーションを加速させる「AEDAN〜Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN〜」を発表〜意思決定に関わるプロセスを極限まで効率化〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社アシスト

アシスト、意思決定の自動化でデジタル・トランスフォーメーションを加速させる「AEDAN〜Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN〜」を発表〜意思決定に関わるプロセスを極限まで効率化〜

(@Press) 2017年03月15日(水)12時00分配信 @Press

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚辰男、略記:アシスト)は、「企業のビジネスプロセスのデジタル化」と「人による判断の自動化」を実現するコンセプトとして、ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(えいだん) 〜Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN〜」を発表します。

ビジネス環境の変化が加速化する中、企業が優位性を確保するためには、既存ビジネスのアナログプロセスをシームレスにデジタル化するデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みが不可欠です。いち早くデジタル・トランスフォーメーションを成し得たことで、これまでにない新規ビジネスを創出したり、企業価値を飛躍的に高めた企業が現れています。しかし、単にデジタル技術を導入するだけで、ビジネスプロセスの再定義や、徹底的な効率化/自動化が伴わなければ、十分な価値を得ることはできません。

企業におけるデジタル・トランスフォーメーションで重要なことは、ビジネスプロセスのデジタル化に加え、意思決定、つまり人による判断(オペレーショナル・ディシジョン)の自動化です。それを実現させるのが、ディシジョン・オートメーション・プラットフォームAEDANです。AEDANは、意思決定の自動化に不可欠な「柔軟性」「分析能力」「検証能力」を兼ね備えたディシジョン自動化エンジンとしてProgress Corticon(*1)を中核に据えたコンセプトです。

*1 Progress Corticon:アシストが日本における総代理店として販売/サポートしているビジネスルール管理システム(BRMS)

AEDANはあらゆる業種/業務に活用でき、様々なデータやシステムに連携させることで、ビジネスの付加価値をより一層向上させることができます。また、業務プロセスに連携させることで、属人化されている意思決定や判断の可視化/自動化を実現します。

例えばIoTの分野では、自動収集した形式の異なる様々なデータを一箇所に集めるだけではなく、それらのデータを分析し、知見を導き出し、ビジネスや社会に活用していくことが重要です。AEDANであれば、アシストの提供する情報活用ソリューションAEBIS(*2)と組み合わせることでIoTから収集したデータを貯め込み、整備/分析し、意思決定に役立てることが可能になります。

*2 AEBIS(Ashisuto Enterprise BI Suite):“データ”を「つなぐ」「ためる」「いかす」「じゅんびする」の視点で捉え、“価値ある情報”へと変える情報活用ソリューション

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124435/img_124435_2.jpg

AEDANの詳細については、2017年3月22日(水)にアシスト本社で開催する「デジタル・トランスフォーメーションへの第一歩」セミナーの「儲けを生み出すシステムへ 〜デジトラ時代の全社基盤とディシジョン・オートメーション〜」セッションにて紹介します。

----------------------------------------------------------------------
■「AEDAN 〜Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN〜」について
----------------------------------------------------------------------
デジタル・トランスフォーメーションで重要なことは、ビジネスプロセスのデジタル化と人による判断(オペレーショナル・ディシジョン)の自動化です。それらディシジョンの自動化を実現するのが、次世代ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN)」です。様々なデータやシステムと連携することによって、ビジネスの競争力向上を強力に支援します。

----------------------------------------------------------------------
■「Progress Corticon」について
----------------------------------------------------------------------
Progress Corticonは、世界40ヵ国以上で利用されているビジネスルール管理システム(BRMS)です。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を90%(*)も短縮します。
* Progress Software Corporation調べ

----------------------------------------------------------------------
■株式会社アシストについて
----------------------------------------------------------------------
代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
従業者数:1,070名(2016年4月現在)※グループ会社含む
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースを中心に、近年ではクライアント仮想化やビジネスルール管理、データ・プレパレーション分野も拡充し支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、これらの分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 広報部 担当:田口、岡部
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

----------------------------------------------------------------------
■製品に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
(AEDAN/Progress Corticon)
株式会社アシスト 情報基盤事業部 担当:小林誠、遠藤
TEL:03-5276-3653
URL:https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/bi/aedan.html
URL:https://www.ashisuto.co.jp/product/category/brms/progress_corticon/

----------------------------------------------------------------------
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る