プレスリリース

エンバカデロ・テクノロジーズ

エンバカデロ、InterBase 2017を3月15日より提供開始

(@Press) 2017年03月15日(水)15時00分配信 @Press

 エンバカデロ・テクノロジーズ(本社:米国テキサス州オースティン、日本法人:東京都文京区、日本法人代表:藤井 等、以下 エンバカデロ)は、わずかなメモリやディスクスペースで実行できるコンパクト性を特徴としたハイパフォーマンスなSQLデータベース「InterBase」の新バージョン「InterBase 2017」を3月15日(水)より販売開始します。

InterBase サイト: https://www.embarcadero.com/jp/products/interbase


■InterBase 2017について
 IoTアワード2015を受賞したInterBaseは、高いスケーラビリティとフル機能装備、管理タスク不要、ユニコード対応、SQL準拠のクロスプラットフォームデータベースエンジンです。単体デバイスから数百のユーザーに展開する複合的なエンタープライズソリューションまで、広範なアプリケーションへの組み込みが可能で、最小限の総所有コスト(TCO)と商用グレードのデータベースを追求するISVや開発者の要件に応えます。

 InterBaseは、あらゆる分野に導入できます。医療、鉄道、多国間POS、CRM、ERシステムなどミッションクリティカルな利用環境で確かな信頼性を発揮、ノンストップで24時間動作、軽量なフットプリントと高い安定性を兼ね備えています。InterBaseは、NASA火星探査車ローバーのデータベースソリューションとして採用されるなど宇宙環境でも活躍しています。

<新機能>Windows Serverの最新版に対応
 リモート接続可能なInterBase Serverは、Microsoft Windows / Linuxの各OSで動作します。InterBase 2017では、Windows Serverの最新版「Windows Server 2016(32-bit および 64-bit)」に対応し、幅広いプラットフォームでの利用が可能になりました。

 アプリケーション組み込みのデータベースエンジンとして利用できるInterBase ToGoとIBLiteは、Microsoft Windows、macOS、iOS、Androidで利用できます。InterBase 2017では、macOS 10.12(Sierra)、iOS 10など最新のOSバージョンに対応しています。


■InterBase 2017の利用方法
 InterBaseは、データベースサーバーとしてWindowsおよびLinuxにインストールすることも、InterBaseライブラリを用いたアプリケーション組み込みとしてWindows、Linux、macOS、Android、iOSで動作させることもできます。

○データベースサーバーとして利用するServer Edition
 Server Editionは、同時に数百のユーザーに展開が可能です。Server Editionは、インクリメンタルバックアップ、ジャーナリング、ポイント・イン・タイム・リカバリをはじめ、あらゆるInterBase障害回復機能を搭載しています。

○アプリケーション組み込みとして利用するToGo / IBLite
 ライブラリ版(InterBase ToGo / IBLite)は、ローカルアプリケーション用のスタンドアロンデータベースとしても、InterBaseサーバーに接続するクライアントドライバーとしても、使用可能です。

 各エディションの対応OSはホームページをご覧ください。
https://www.embarcadero.com/jp/products/interbase/supported-platforms


■提供方法
 製品は、ダウンロード版での販売となります。

 InterBaseは、流通代理店各社のほか、以下のオンラインショップにて購入できます。

ComponentSource: https://www.componentsource.co.jp/brand/embarcadero
リオスe-Shop  : http://rios-eshop.com/
翔泳社 SEshop : https://www.seshop.com/special/embarcadero
楽天「両備e-Shop」: http://item.rakuten.co.jp/ryobi-eshop/c/0000000100/


■エンバカデロ・テクノロジーズについて
 1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」と合併したエンバカデロ・テクノロジーズは、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーです。2015年10月には、独立系ツールベンダーであるアイデラの傘下となり、さらなる技術革新と製品/サービスの品質向上に努めています。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のユーザーが、エンバカデロのRAD Studio、Delphi、C++Builderといったアプリケーション開発ツールやデータベースツールを採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。


【一般の方からのお問い合わせ先】
エンバカデロ・テクノロジーズ
所在地:〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル 5F
TEL  :03-4577-4520
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る