• トップ
  • リリース
  • 多要素認証製品との連携で堅牢なネットワークセキュリティを実現『Enterpras for AuthWay』を提供開始

プレスリリース

株式会社ステラクラフト

多要素認証製品との連携で堅牢なネットワークセキュリティを実現『Enterpras for AuthWay』を提供開始

(@Press) 2017年03月15日(水)11時30分配信 @Press

株式会社ステラクラフト(本社:大阪市北区、代表取締役:植田 均、以下 ステラクラフト)は、従来販売中のRADIUS認証サーバ「Enterpras」シリーズに、株式会社アイピーキューブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒井 英治、以下 アイピーキューブ)が開発・販売する多要素認証製品「AuthWay」との連携ツールを開発し、『Enterpras for AuthWay』として提供するとともに、双方販売代理店としての契約を締結いたしました。


■Enterpras for AuthWay概要
Enterpras for AuthWayは、ステラクラフトが独自開発したAuthWayとの連携に特化したRADIUS認証サーバです。
通信キャリア等の大規模組織に多数導入済みのEnterpras Proをベースに、一般企業/学校のネットワークアクセスに必要な機能を抜粋。信頼性の高いユーザ認証基盤を使いやすい管理ツールとともに提供します。また、登録ユーザ数に応じたリーズナブルな価格を設定し、スモールスタートにも対応しています。

http://www.stellar.co.jp/enterpras/enterpras-authway/


■AuthWay概要
AuthWayは、業界標準「OATH」に準拠したワンタイムパスワードとスマートデバイスを利用した二経路認証をサポートする多要素認証システムです。

http://www.ip3.co.jp/product/authway.html


■両製品の連携によるメリット
Amazon WorkSpacesなど多要素認証(MFA)インターフェイスとしてRADIUSプロトコルをサポートしているサービスや製品に多要素認証機能を提供することができます。
また、すでにワンタイムパスワード製品を導入しRADIUS連携による運用を行っている場合は、Enterpras for AuthWayとAuthWayを組み合わせたシステムへ容易にリプレースすることができ、コストダウンや機能拡張などのメリットを享受できます。


■動作環境
『Enterpras for AuthWay』
対応プラットフォーム:Red Hat Enterprise Linux 7(64bit)


■製品価格
Enterpras for AuthWay製品価格
25ユーザ版:150,000円(税別)〜


■ステラクラフトについて
1992年3月設立。ユーザ認証技術にフォーカスしたセキュリティ製品メーカーです。
主力製品にはRADIUS認証サーバ「Enterpras」シリーズ、認証ゲートウェイ「Griffas」をはじめ、Diameterプロトコルを使ったHSS、PCRF/OCSをリリースしており、これらの製品群をPacket Core ProductsとしてMVNO事業者へ提供しております。
当社は100%自社開発にこだわり、この分野において常にイノベーションを起こしてきました。安全でありながら使いやすいネットワーク実現のため、お客様の視点に立ったセキュリティ製品の開発、提案をおこなっています。

会社名  : 株式会社ステラクラフト
本社所在地: 〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ4F
代表取締役: 植田 均
設立   : 1992年3月
URL    : http://www.stellar.co.jp/


■アイピーキューブについて
アイピーキューブは、IT基盤(特にID統合管理と認証基盤)の設計・構築と関連製品の開発・販売を行う専門性の高いプロ集団です。

会社名    : 株式会社アイピーキューブ
本社所在地  : 〒105-0012 東京都港区芝大門2-12-9
               HF浜松町ビルディング 8F
代表取締役社長: 荒井 英治
設立     : 2009年10月
URL      : http://www.ip3.co.jp/


Enterprasは株式会社ステラクラフトの登録商標です。
AuthWayは株式会社アイピーキューブの登録商標です。
他の会社及び製品の名称は、総てそれぞれの所有する商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る