• トップ
  • リリース
  • 国内初!国産チョウザメ鮮魚 初輸出!マンダリン オリエンタル 香港にてメニュー採用へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ジャパンキャビア株式会社、有限会社川津食品

国内初!国産チョウザメ鮮魚 初輸出!マンダリン オリエンタル 香港にてメニュー採用へ

(@Press) 2017年04月28日(金)15時30分配信 @Press

ジャパンキャビア株式会社(宮崎県宮崎市瓜生野6388-7、代表取締役 坂元基雄)、有限会社川津食品(大分県日田市前津江町大野2256、代表取締役 川津峰之)は、このたび国産チョウザメ鮮魚を国内で初めて香港に輸出する運びとなりましたのでお知らせいたします。先月国産キャビアとして初輸出を行った事に続き、魚肉としてチョウザメ鮮魚の出荷も始まりました。


1:マンダリン オリエンタル 香港にてメニュー採用
採用先 :マンダリン オリエンタル 香港
     Mandarin Grill + Bar(マンダリン グリル + バー)
     Krug Room(クリュッグ ルーム)
     ※5ツ星の最高級ホテル内モダンヨーロピアンのレストラン
メニュー:Krug Room約6万円のコース料理の一品として
採用期間:2019年4月末よりスタート。

マンダリン オリエンタル 香港のグリル + バーには、フランス北部ランスにある最高級シャンパーニュメーカーの一つであるクリュッグ(フランス語:Krug)とマンダリンオリエンタルホテルがコラボした「Krug Room」という特別な部屋があります。
その特別な部屋でクリュッグのシャンパンとマリアージュした料理が提供される特別なコースの中の1品として宮崎県産シロチョウザメが採用されました。
宮崎県産シロチョウザメは、マンダリン オリエンタル 香港の新エグゼクティブ シェフロビン・ザボウ氏に認められ新メニューに導入される事になりました。

●Mandarin Grill + Bar(マンダリン グリル + バー)
所在地   : 1F Mandarin Oriental Hotel,
        5 Connaught Road Central, Hong Kong
最寄り駅  : MTR中環駅、香港駅
電話    : 852-2825-4004
営業時間  : 朝食 7:30〜10:00(月〜金)、昼食12:00〜14:30(月〜金)、
        夕食18:30〜22:30(月〜土)、〜21:30(日)
定休日   : 朝食、昼食は月〜金のみ。
ウェブサイト: http://www.mandarinoriental.co.jp/hongkong/fine-dining/mandarin-grill-and-bar/

https://www.atpress.ne.jp/releases/124087/img_124087_2.jpg
マンダリン オリエンタル 香港のKrug Room


2:チョウザメ鮮魚について
ワシントン条約では、国際取引の規制の対象となる動植物は「附属書」とよばれるリストに掲載されます。「附属書」は、絶滅の恐れの度合いに応じ、規制内容の異なる「附属書 I」「附属書 II」「附属書 III」の3つに分かれており、チョウザメは「附属書 II」の規制対象です。
また「附属書」に載っている生き物については、生きている状態での取引だけでなく、その肉や皮や骨等の部分やそこから作られたバッグ等の製品の取引も制限される事になっています。
その中でもチョウザメは国同士の取引を制限しないと、将来、絶滅の危険性が高くなる恐れがある生き物として輸出入には、輸出国の政府が発行する許可書が必要となり、事務手続きに非常に時間がかかる事から、これまで輸出は難しいとされておりました。
https://www.atpress.ne.jp/releases/124087/img_124087_3.jpg


3:輸出の背景
これまでは国内の飲食業界を中心に拡販・販促活動が活発であった宮崎県産シロチョウザメですが、2014年福岡県で開催された食の商談会で海外から参加されたホテルシェフ及び商社の興味をひいた事がきっかけで、そこから輸出も視野にいれた販促活動に着手する企業もありましたが、前例のない魚種の為、なかなか輸出には至りませんでした。
有限会社川津食品では、2016年6月に新たに特販部を設置し、従来の柚子胡椒関連事業に加えて水産物、海産物、畜産物等の取扱いを開始いたしました。これを機に香港商社と宮崎県産シロチョウザメ輸出に関する商談を開始し、全国に先駆けてチョウザメの鮮魚輸出手続きに着手いたしました。そしてようやく最初のきっかけから3年目の今年4月、ホテルのシェフからの「刺身で食べられるチョウザメ」を待ち望む声に応えるかたちで、初輸出にこぎつけました。


■会社概要
商号  : 有限会社川津食品
代表者 : 代表取締役 川津峰之
所在地 : 〒877-0212 大分県日田市前津江町大野2256
設立  : 平成16年10月1日
事業内容: 1 柚子こしょう・柚子こしょう加工品製造・卸売
      2 柚子その他柑橘類果汁製造・卸売
      3 柚子加工商品
      4 その他農産物加工品5水産物、海産物、畜産物 他
資本金 : 3,000千円
URL   : http://www.yuzu-kosyo.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る