• トップ
  • リリース
  • トッパンフォームズ・オペレーションがFPTジャパンとベトナムIT人材受け入れに関する契約を締結

プレスリリース

トッパン・フォームズ・オペレーション株式会社

トッパンフォームズ・オペレーションがFPTジャパンとベトナムIT人材受け入れに関する契約を締結

(@Press) 2017年03月14日(火)09時30分配信 @Press

 トッパンフォームズグループでシステム運用のコンサルティングや要員派遣などのITサービスを提供するトッパン・フォームズ・オペレーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長小山信彦、以下TFO)は、ベトナム最大手IT企業FPTソフトウェアの日本法人であるFPTジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:チャン・ダン・ホア、以下FPTジャパン)とベトナムからのIT人材受け入れに関する契約を締結しました。
 TFOはベトナムから受け入れたIT人材に対して、長年蓄積してきた運用ノウハウの教授を中心としたITサービスに関する実践的な集合教育を行った後、TFOのシステム運用チームのメンバーとしてお客さまからの受託業務を遂行するという枠組みをFPTジャパンと共同で構築しました。TFOは本枠組みを通じ、得意とする24時間365日切れ目のない高品質なITサービス提供についてさらなる強化を狙います。第一弾として8名のベトナムIT人材の受け入れを開始しました。

【背景】
 TFOは銀行や証券、生損保などの金融業界をはじめ、製造や流通などの幅広い業界に顧客基盤を持ち、システム運用におけるコンサルティング業務をはじめ、安定的で効率的なITサービスを40年にわたり提供し続けてきました。
 近年クラウドサービスやIoTの発展などにより国内IT市場が急速に拡大しています。それに伴い、企業は顧客業務とITの整合性を維持しつつ、日々変化するきめ細かな顧客ニーズに的確に対応するため、ITサービス分野に高い安定性や優れた柔軟性を求める機運がますます高まっています。一方で国内労働市場では少子化を背景に労働需要が逼迫し、特にIT業界では著しい状況です。TFOでも必要なIT人材の安定的な確保が急務となっており、人材資源の調達先を海外に拡大することを検討してきました。その中で今回FPTジャパンと提携に至り、ベトナムから日本語での就労が可能なIT人材を受け入れる枠組みを構築する運びになりました。

【今後の展開】
 TFOではベトナムIT人材の受け入れを順次拡大し、3年間で100人の受け入れを目指します。また将来的にはFPTジャパンと共同で成長著しいアジア地域を中心とした新興国において、TFOの持つITサービスの提供を目的に市場開拓するとともに、国内外で新たなビジネスの創出を狙います。

以上

【参考情報】
■トッパン・フォームズ・オペレーション株式会社について
・社名
トッパン・フォームズ・オペレーション株式会社
・本社所在地
東京都港区東新橋1-7-3
・設立
1975年10月1日
・代表者
代表取締役社長 小山 信彦
・事業内容
システム運用コンサルティング(システム運用に関する分析調査・改善計画提案、実施)、システム運用企画/設計・開発(メインフレーム・オープンシステム企画・設計・開発)、システム運用管理(システム管理業務・トータル運用サービス)、システムオペレーション・運用オペレーション業務(24時間365日対応)、システム設計、アプリケーション開発(アプリケーションプログラムの設計・開発)
・U R L
http://www.tfo.co.jp/

■FPTジャパン株式会社について
・社名
FPTジャパン株式会社
・本社所在地
東京都港区芝公園1-7-6 CROSS PLACE浜松町6階
・設立
2005年11月
・代表者
代表取締役社長 チャン・ダン・ホア
・事業内容
システム開発・運用・マイグレーションサービス、最新テクノロジーサービス、エンジニアリングサービス、その他サービス
・URL
https://www.fpt-software.jp/about-us/fpt-japan/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る