• トップ
  • リリース
  • 世界的に有名な鎧塚俊彦シェフによる香川県産さぬき讃フルーツ『さぬきひめ』(イチゴ)を使った新作オリジナルスイーツ発表会を開催しました

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

香川県 農政水産部 農業生産流通課

世界的に有名な鎧塚俊彦シェフによる香川県産さぬき讃フルーツ『さぬきひめ』(イチゴ)を使った新作オリジナルスイーツ発表会を開催しました

(@Press) 2017年03月13日(月)10時30分配信 @Press

香川県の主催で2017年3月7日(火)、世界的に有名な鎧塚俊彦(よろいづか としひこ)シェフが香川県産のフルーツブランドである「さぬき讃フルーツ」のイチゴ『さぬきひめ』を使用した新作オリジナルスイーツの発表会を開催いたしました。
会場は東京都京橋にあるToshiYoroizuka TOKYOで、鎧塚俊彦シェフ、浜田恵造知事 出席のもと行われました。


■発表会の様子
ToshiYoroizuka TOKYOの2階にあるカウンター席を利用して、集まっていただいた報道関係者13名の方々に、さぬき讃フルーツの魅力や『さぬきひめ』を使用した新作オリジナルスイーツの紹介を行い、その後スイーツの試食会とフォトセッションを行いました。


■オリジナルスイーツの内容
鎧塚俊彦シェフと香川県がコラボレーションして、香川県産食材を使用したオリジナルスイーツを開発しました。さぬき讃フルーツである『さぬきひめ』とデコポンを使用したタルトとなっており、イチゴとデコポンとタルトを一緒に食べることで、その食感と甘味、酸味のハーモニーを楽しめるスイーツとなっています。

新作スイーツの販売は、ToshiYoroizuka TOKYOで3月9日〜12日の期間限定での提供となります。価格は560円。


■さぬき讃フルーツについて
香川県では、県オリジナル品種を中心とした果物で、意欲ある生産者が栽培し、糖度など一定の品質基準を満たしたものを「さぬき讃フルーツ」として推奨しています。

「さぬき讃フルーツ」の意味は、「サンサンとふりそそぐ太陽のもと、生産者が心を込めて大切に育てた、香川自慢の果物であること」が伝わるよう、太陽の「SUN」、香川産の「産」、賛美の「賛」に、讃岐の「讃」の漢字を当て、消費者にわかりやすく、心に強く印象づけられるよう命名しました。


■『さぬきひめ』について
香川県オリジナルとして誕生したイチゴ『さぬきひめ』は、丸みを帯びた可愛い形に、大き目のサイズ、甘さはもとより、柔らかくジューシーで、味や香りがよいことが特徴です。

香川県オリジナルとして誕生したイチゴ『さぬきひめ』は、丸みを帯びた可愛い形から、“香川のイチゴのプリンセス”と呼ばれ、果実に光沢があり、甘さはもとより、柔らかくジューシーで、味や香りがよいことが特徴。平成21年に品種登録され、香川を代表する品種となっています。

香川県のイチゴ栽培の8割以上は、地面から離れたところで栽培されています。果実が空中にぶら下がっているために日光が均一に当たるので着色が良く、イチゴにとって最適な環境を作り出すことにより安定した高品質のイチゴが生産できます。


■「ToshiYoroizuka TOKYO(トシ・ヨロイヅカ 東京)」について
鎧塚俊彦シェフがオーナーを務める店舗。2016年11月に複合商業施設「京橋エドグラン」の1、2階にオープン。

所在地:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る