• トップ
  • リリース
  • 相鉄グループ100周年記念事業 100周年のラッピング電車とバスを運行 100周年記念「オリジナルつり革」も登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

相鉄グループ100周年記念事業 100周年のラッピング電車とバスを運行 100周年記念「オリジナルつり革」も登場

(@Press) 2017年03月10日(金)12時30分配信 @Press

相鉄グループでは、2017年(平成29年)12月18日(月)に迎える相鉄グループの創立100周年記念事業として、「SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN」(以下、「今むかしトレイン」)と「SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS」(以下、「今むかしバス」)を運行します。


「今むかしトレイン」は、100年にわたる相鉄グループの歴史と、3形蒸気機関車をはじめとした今昔の車両(22種)を現行車両の側面にデザインしたもので、2017年(平成29年)4月上旬から1編成を運行します。「今むかしバス」は、昭和30年代に活躍した車両を現行バスの車体左側面にデザインしたもので、2017年(平成29年)3月下旬から6台を運行します。

これに合わせて、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」をイメージした100周年記念「オリジナルつり革」を作成しました。3月12日(日)の「そうにゃんバースデーフェスタ in 相模大塚2017」でお披露目となる四代目そうにゃんトレインの一部にこのつり革を設置。4月以降は、「今むかしトレイン」から順次、全車両(9000系リニューアル車両は除く)に導入します。また、「今むかしバス」の6台にも同つり革を設置します。


相鉄グループでは、グループのイメージアップや相鉄線沿線へのお客様誘致を目的に「SOTETSUあしたをつくるPROJECT」に取り組んでおり、今後も「選ばれる相鉄グループ」、「選ばれる沿線」を目指し、相鉄線沿線の一層の発展のために貢献してまいります。


■「SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN」の概要
1.名称  :SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN
2.運行期間:2017年(平成29年)4月上旬から2018年(平成30年)3月下旬(予定)
3.運行本数:相模鉄道本線・いずみ野線内を1日10往復程度


■「SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS」の概要
1.名称  :SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS
2.運行期間:2017年(平成29年)3月下旬から2018年(平成30年)3月下旬(予定)
3.運行本数:相鉄バスの営業路線を1日10往復程度


■100周年記念「オリジナルつり革」の概要
1.名称  :100周年記念「オリジナルつり革」
2.設置場所:・相模鉄道 全車両の一部(9000系リニューアル車両は除く)
       ・相鉄バス 「今むかしバス」6台の一部
3.設置本数:・相模鉄道 1両につき2本
        (四代目そうにゃんトレインは一両につき6本)
       ・相鉄バス 1台につき2本
4.設置期間:「今むかしトレイン」、「今むかしバス」が運行している期間


■お問い合わせ
<今むかしトレイン>
相鉄お客様センター
電話:045-319-2111(平日:9:00〜19:00、土・休日:9:00〜17:00)

<今むかしバス>
綾瀬営業所:電話 0467-78-5681
旭営業所 :電話 045-955-1101
横浜営業所:電話 045-331-1071
(各営業所共通 8:00〜22:00 年中無休)


【参考】
◆SOTETSUあしたをつくるPROJECTとは・・・
相鉄グループ創立100周年とその先の都心直通運転に向けて、沿線内外の方にもっと相鉄グループのことを知っていただき、もっと親しみを感じていただくためにグループ各社や沿線事業者、沿線住民を巻き込んで、「住みやすい沿線になるための活動」と「JR・東急線相互直通運転のメリット」を発信していく取り組み。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る