• トップ
  • リリース
  • 【新刊】「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択」

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ビジネス・ブレークスルー

【新刊】「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択」

(@Press) 2017年03月10日(金)10時00分配信 @Press

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)は、大前研一(編著)による書籍シリーズ「大前研一通信特別保存版」の最新作「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択」を本日より発売します。21世紀に必要とされる人材像と、そのような人材を育成するための教育について深く考える本書は、子どもの教育を考えている保護者の方、成長しつづけなければいけないビジネスパーソンの方をはじめ、全ての方に新しい気づきを提供するものです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/123980/img_123980_1.jpg


 新しい産業が次から次へと生まれ、あらゆる産業がテクノロジー化していく21世紀、企業にとって最も重要なものは「人材」と言っても過言ではありません。既に世界では、今までのように「教えられたことを覚えられる人材」ではなく、「答えのない世界の中で道を切り拓いていける人材」の活躍が目立ってきています。
 
 本書では、世界の潮流を俯瞰しながら、グローバル化、IT化が進む21世紀に求められる能力や人材像を分析し、これからの教育の在り方を考えます。第2章の「子ども編」では、バイリンガル幼児園での取り組みや今注目されている教育プログラム「国際バカロレア(IB)」のコンセプト、導入事例などを紹介。さらに第3章では、生涯学習の大切さや「結果を出せる」英語力を習得することの重要性に触れ、その機会を提供する「生涯教育プラットフォーム」としてのBBTの思いや軌跡をまとめています。


【書籍概要】
◆タイトル:大前研一通信特別保存版Part.X
「答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択」
        ※期間限定。購入者全員にストリーミング映像プレゼント
◆発行所:ビジネス・ブレークスルー出版
◆発行日:2017年3月10日
◆定価:1,404円(税込)
◆編著者:大前研一/ビジネス・ブレークスルー出版事務局
◆URL: https://www.amazon.co.jp/dp/499021188X
◆本書の構成:
第1章 21世紀に求められる人材
第2章 子ども編―21世紀を生き抜くための子どもの学び
第3章 世界に通用するグローバルリーダーの育成を目指して



【第12回BBT関連書籍ブックフェア開催】 http://www.bbt757.com/book/17/
三省堂書店、紀伊国屋書店、丸善、ジュンク堂書店など全国の書店にて「ビジネスブックフェア」を3月中旬より開催予定です。「日本の論点2017〜18」(プレジデント社)、「テクノロジー4.0」(KADOKAWA)、2017年3月刊行予定の「『老後不安不況』 を吹き飛ばせ!」(PHPビジネス新書)等の大前研一書籍や、「プロフェッショナルイングリッシュ」(東洋経済新報社)等の関連書籍も順次展開予定。(対象関連書籍は店舗によって異なります)


【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成をミッションとして1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成、ビジネス英語や経営者勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯教育をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。2016年度はアタッカーズ・ビジネススクール20周年、資産形成力養成講座10周年の節目であり、BBT大学大学院アントレプレナーコースの初年度となる。在籍会員数約1万人、延べユーザID数は約20万。  http://www.bbt757.com/




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る