• トップ
  • リリース
  • 完走メダルやマラソン記録を綺麗に収納!バインダーなど3種のアイテムがECサイトで取り扱い開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

完走メダルやマラソン記録を綺麗に収納!バインダーなど3種のアイテムがECサイトで取り扱い開始

(@Press) 2017年03月10日(金)11時00分配信 @Press

株式会社ウキマ(所在地:東京都板橋区、代表取締役社長:樋下田 稔)は、完走メダルなどマラソンの記録を収納できる『RunRecord(ランレコード)』3種のアイテムを発売、好評につき当社通販サイト「Oikaze Shop(追い風ショップ)」での取り扱いを開始しました。

▼『RunRecord(ランレコード)』
http://www.runrecord.net/
▼通販サイト「Oikaze Shop(追い風ショップ)」
https://www.oikaze.shop/


【『RunRecord(ランレコード)』開発の経緯】
2017年2月26日(日)に開催されました日本最大の東京マラソンには、36,000人が参加しました。他のスポーツからは信じられないと思いますが、マラソンの場合は制限時間内に完走すると完走メダルがもらえます。今年は約35,000人が手にしています。大会自体も今年で11回目となり、メダルを複数持っている人もたくさんいます。当社代表がラン友にリサーチしたところ、「紙物はどんどん捨てるけど、メダルは捨てられなくて困っている。どうにか収納、若しくは飾れたら」との意見をお聞きし、開発にいたりました。

最近ではあちこちで大会が開催され、各地特色を出したメダルを作っています。那覇マラソンでは琉球ガラスのメダル、岡山マラソンでは備前焼のメダル、奈良マラソンは奈良に貯蔵してある美術品をもじったメダル。各地のメダルを見ると、東京マラソンのメダルがとてもシンプルに見えるくらいです。そしてどのメダルも、当日42km走り切らないともらえない価値あるものです。それを綺麗に、破損の心配もなく、ちょっと自慢気に飾りたい、そういう思いのランナーたちにお届けしたい商品です。


【商品概要】
(1) メダルバインダー 15,000円
専用のクリアケース(ラクリア)に貼られた特殊フィルムで、どんな素材のメダルでもしっかりと固定して収納できます。いろいろなタイプのメダルをラクリアに入れて、バインダーにはめ込んで素敵に部屋に飾れます。1つのバインダーに最大8個のメダル(ラクリア)が収納できます。

(2) メダルスタンド 1,500円
メダル1個を思い出として保存できます。専用スタンドを簡単にセットして、部屋に飾ることができます。紙製フレームはブラック、オリーブ、ボルドー、カカオの4色から選択できますので、自分の好みのディスプレーを演出することができます。

(3) キロクバインダー 6,000円
パンフレット、ゼッケン、完走証のすべてを8大会分保存できる収納ファイルです。当日の食事、現地情報、ポイントごとのラップなどを書き込める情報シートが付いています。レース毎のさまざまな情報を整理することで、次に挑戦するレースへの備えも万全なものになります。さまざまなシールが付属していますので、ファイルを自分好みにすることもできます。

※すべて税別表示


【会社概要】
会社名 : 株式会社ウキマ
所在地 : 〒174-0042 東京都板橋区東坂下2-13-17
創業  : 1967年3月(有限会社ウキマ紙工として創業)
代表  : 代表取締役社長 樋下田 稔
事業内容: 中綴じ製本・折り・裁断
      企業の各種パンフレット、個人向け自費出版製本、
      特殊製本などの相談 他
URL   : http://ukm.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る