• トップ
  • リリース
  • 大学全体でアクティブラーニング 大正大学が「第2回学内ゼミ対抗プレゼンテーション大会」を開催― 2017年3月13日(月)13:30〜16:30 ―

プレスリリース

学校法人大正大学

大学全体でアクティブラーニング 大正大学が「第2回学内ゼミ対抗プレゼンテーション大会」を開催― 2017年3月13日(月)13:30〜16:30 ―

(@Press) 2017年03月09日(木)11時00分配信 @Press

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)は、今回で2回目の開催となる「学内ゼミ対抗プレゼンテーション大会」を開催します。本イベントでは現役のクリエイターやジャーナリストらを審査員として招聘。学生に実社会に近い経験を積んでもらい、社会人基礎力の1つである「発信力」などを身につけ、更なる成長を促す場とします。また、複数学科・コース横断で開催することにより、学内の活性化を目指します。開催日は2017年3月13日(月)13:30〜16:30。


■ポイント
(1) 大正大学の各学科・コース横断型のイベントで、学生同士の交流を生み、刺激し合う場となる。
(2) 東洋経済新報社 松崎氏、第63回カンヌライオンズでフィルム部門銀賞などを受賞した株式会社ドリル 中島氏などの現役のジャーナリスト、クリエイターらを審査員として招聘。
(3) 厳格な評価を行い、実社会でのビジネスの厳しさや他者に伝えることの大切さを学び、社会人基礎力の1つである「発信力」などを身につけて、学生の更なる成長を促す。


■大正大学の各学科・コース横断型のイベント
大正大学の各学科・コースのゼミ生が本イベントに参加します。参加するのは表現学部 表現文化学科 エンターテインメントビジネスコースの山田ゼミ、川喜田ゼミ、国枝ゼミの学生、人間学部 人間科学科(現 心理社会学部 人間科学科)の谷田ゼミ、人間学部 教育人間学科 教育・学校経営マネジメントコースの山本ゼミの学生、全52名です。


■現役のジャーナリスト、クリエイターらで構成された審査員
審査員は下記4名が担当します。
○松崎 泰弘氏(ジャーナリスト)東洋経済新報社 会社四季報オンライン副編集長
○中島 和哉氏(クリエイター)株式会社ドリル クリエティブディレクター
○板生 研一氏(アントレプレナー)WINフロンティア株式会社 代表取締役社長兼CEO
○高橋 慈海氏(大学職員)学校法人大正大学 学長室 室長補佐


■開催概要
●日時:2017年3月13日(月)13:30〜16:30
●会場:大正大学3号館3階 表現ゼミスペース(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)
●スケジュール
 13:30     開会式
 13:40〜15:55 プレゼン大会
 15:55〜16:10 審査
 16:10〜16:30 表彰・閉会式


◆大正大学の概要
創立 : 1926年4月5日(旧大学令に基づく設置認可)
所在地: 〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
学長 : 大塚伸夫
学生数: 学部  4,827名
     大学院 184名 ※2016年5月1日現在
URL  : http://www.tais.ac.jp/

学部・学科:仏教学部   仏教学科
      人間学部   社会福祉学科
             人間環境学科
             教育人間学科
      心理社会学部 人間科学科
             臨床心理学科
      文学部    人文学科
             日本文学科
             歴史学科
      表現学部   表現文化学科
      地域創生学部 地域創生学科

大学院:仏教学研究科  仏教学専攻(博士前期・後期)
    人間学研究科  社会福祉学専攻(修士)
            臨床心理学専攻(修士)
            人間科学専攻(修士)
            福祉・臨床心理学専攻(博士後期)
    文学研究科   宗教学専攻(博士前期・後期)
            史学専攻(博士前期・後期)
            国文学専攻(博士前期・後期)
            比較文化専攻(博士前期・後期)
    (通信教育課程)
    地域創生研究科 地域創生専攻(修士) ※平成30年度 設置構想中

建学の理念 :智慧と慈悲の実践
教育ビジョン:4つの人となる(慈悲・自灯明・中道・共生)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る