• トップ
  • リリース
  • 山形の在来野菜「だだちゃ豆」をたっぷり使った菓子シリーズ「だだちゃ豆右衛門」が3/7〜のFOODEX JAPAN 2017に初出展

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

山形の在来野菜「だだちゃ豆」をたっぷり使った菓子シリーズ「だだちゃ豆右衛門」が3/7〜のFOODEX JAPAN 2017に初出展

(@Press) 2017年03月03日(金)12時00分配信 @Press

菓子製造小売の有限会社木村屋(本社:山形県鶴岡市、代表取締役:吉野 隆一)は、山形県鶴岡市の在来野菜である「だだちゃ豆」を使用した菓子シリーズ「だだちゃ豆右衛門」を、2017年3月7日(火)〜10日(金)に幕張メッセで開催される「FOODEX JAPAN 2017」にて、展示および試食を実施いたします。

URL: http://www.kimuraya-shop.jp/fs/kimuraya/c/gr66


■だだちゃ豆について
だだちゃ豆は、山形県鶴岡市周辺の限られた地域で江戸時代から生産されてきた枝豆の「在来種」です。
だだちゃ豆の「だだちゃ」とは鶴岡市の方言で「お父さん」を意味します。
かつて地域を治めていた殿様が、献上された枝豆に対して「どごのだだちゃが作った豆だや?(どこのお父さんが作った豆だ?)」と尋ねたことから、だだちゃ豆と呼ぶようになったといわれております。


■だだちゃ豆右衛門について
「だだちゃ豆右衛門」は、山形県鶴岡市特産の枝豆「だだちゃ豆」をふんだんに使用した菓子シリーズです。現在、フィナンシェ、ダックワーズ、だだちゃ餅の3種類を販売中です。
「だだちゃ豆右衛門」に使用している「だだちゃ豆」は、山形大学発のベンチャー企業 ナチュラルプロセスファクトリー株式会社が開発した「常温乾燥法」によって乾燥いたしました。
この「常温乾燥法」は、農産物の素材本来の味や色を維持したまま乾燥させることができ、常温乾燥した農産物を粉末加工することができます。
「だだちゃ豆右衛門 だだちゃ豆 フィナンシェ」は小麦粉を一切使用せず、小麦粉の代わりに、常温乾燥し粉末加工しただだちゃ豆とアーモンドプードルなどを使用して製造いたしました。


【商品情報】
商品名 :だだちゃ豆右衛門 だだちゃ豆 フィナンシェ
販売期間:通年
価格  :1,037円(税込)/6個入り
受賞歴 :平成28年度やまがたふるさと食品コンクール優秀賞
その他 :グルテンフリー確認検査実施済

商品名 :だだちゃ豆右衛門 だだちゃ餅
販売期間:通年
価格  :907円(税込)/6個入り

商品名 :だだちゃ豆右衛門 だだちゃ豆 ダックワーズ
販売期間:通年
価格  :1,296円(税込)/6個入り

URL: http://www.kimuraya-shop.jp/fs/kimuraya/c/gr66


【出展情報】
名称  : FOODEX JAPAN 2017(第42回 国際食品・飲料展)
      中小企業総合展 in FOODEX 2017
会期  : 2017年3月7日(火)〜10日(金)の4日間
      10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
開催場所: 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)
小間番号: 9ホール 9B30-020
入場料 : 5,000円(税込)
アクセス: JR京葉線 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から
      徒歩約5分
      JR総武線・京成線 幕張本郷駅(秋葉原駅から約40分)から
      「幕張メッセ中央」行きバスで、約17分
URL   : http://www.jma.or.jp/foodex/


【会社概要】
商号    : 有限会社木村屋
代表者   : 代表取締役 吉野 隆一
本店所在地 : 〒997-0028 山形県鶴岡市山王町9-25
創業    : 1887年(明治20年)
主な事業内容: 和洋菓子・パン製造小売
資本金   : 3,960万円
URL     : http://www.kimuraya.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る