プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

らでぃっしゅぼーや株式会社

加賀の井酒造 応援米「白藤」

(@Press) 2017年03月02日(木)10時00分配信 @Press

 らでぃっしゅぼーや株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:国枝俊成)は、2017年3月6日(月)より、20年来の取引先である酒造会社加賀の井酒造(新潟県糸魚川市)の応援米「白藤(しらふじ)」を販売します。昨年末、糸魚川大火(※1)により全焼の被害にあったことで、酒の仕込みができなくなってしまいました。仕込み予定であった、酒米「白藤(しらふじ)」は食用としても美味しい品種であり、当商品の販売で得た売り上げの利益分を全額寄付します。

■「白藤」について
 「白藤」は新潟県内で江戸末期から昭和初期まで栽培されていたお米です。一度は作り手がいなくなり流通も途絶えましたが、2004年に当社の取引先である有限会社エコライス新潟(新潟県長岡市)が中心となり、この幻のお米を復活させるプロジェクトが結成され、生産されるようになりました。

2014年から、加賀の井酒造で「白藤」を使用した日本酒を醸造しています。風味豊かで口あたりのよいお酒になるだけでなく、食味もよく、特に酢飯にするととても美味しいお米です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/123338/img_123338_1.jpg


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/123338/img_123338_3.jpg
(※1)糸魚川大火について
 2016年12月22日、新潟県糸魚川市の中心部において発生し、午前から翌日夕方の鎮火まで約30時間続いた火災。焼損範囲は、同市大町および本町の一帯、糸魚川駅北側から日本海沿岸まで南北方向に大きく拡がり、建物の焼損面積は33,000m2(約1万坪)を超えた。
新潟県により災害救助法を適用されるなど、被災者生活再建支援法(風害による)を火災では初めて適用された。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/123338/img_123338_2.jpg

■加賀の井酒造とらでぃっしゅぼーやの繋がり
 加賀の井酒造とらでぃっしゅぼーやは20年以上の取引があります。当社の商品取扱基準に合った日本酒を製造してもらうために、エコライス新潟で栽培された特別栽培米を原料に、安心・安全で美味しい日本酒を製造いただき、販売しています。


<商品概要>
●商品名:加賀の井酒造 応援米 白藤
●価格: ¥948(税込価格¥1,023)
●内容量:1袋(450g)
●販売開始日:2017年3月6日(月)〜
●購入方法:らでぃっしゅぼーやHP (http://www.radishbo-ya.co.jp/

<加賀の井酒造について>
加賀の井酒造株式会社は1650年創業。新潟西の玄関口「糸魚川」で、江戸時代初期から続く造り酒屋です。加賀前田藩糸魚川本陣が蔵内にあり、酒銘は加賀前田藩主より命名されました。軟水が多い日本国内では稀な硬水(アメリカ硬度127ppm)を仕込水として使う蔵元で、水を活かし芯の通った旨味ある味わいのお酒を醸しています。http://www.kaganoi.co.jp/

<エコ・ライス新潟について>
 有限会社エコ・ライス新潟は新潟県内の米作りに自信をもった農家が集まり、無農薬・減農薬栽培米の販売を手掛けています。米以外にも新潟県内の農産物や加工食品を取り扱い、こだわりの商品を量ではなく、質の面で丁寧にお届けすることをを基本としています。
http://www.eco-rice.jp/

<らでぃっしゅぼーや株式会社について>
 らでぃっしゅぼーや株式会社は1988年創業。有機・低農薬野菜、無添加食品、環境にやさしい日用品などの商品の宅配サービスを展開しています。独自の商品取り扱い基準を設け、安心・安全な商品の提供に取り組んでいます。親和性の高いメーカー・ブランドとの共同商品開発にも力をいれています。http://www.radishbo-ya.co.jp






プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る