• トップ
  • リリース
  • 情報技術開発、日本IBMとコグニティブ・コンピューティング「IBM Watson Explorer」の特化契約を締結―AI領域のビジネスを拡大―

プレスリリース

  • 記事画像1

情報技術開発株式会社

情報技術開発、日本IBMとコグニティブ・コンピューティング「IBM Watson Explorer」の特化契約を締結―AI領域のビジネスを拡大―

(@Press) 2017年03月06日(月)09時30分配信 @Press

情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 一郎)は、2016年12月29日、日本アイ・ビー・エム株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:ポール与那嶺、以下 日本IBM)と、日本IBMが提供する、文書、SNSのコメント、コールセンターログなど大量のテキスト情報の分析ができる「IBM Watson Explorer」のASL(アプリケーション・スペシフィック・ライセンシング、以下 ASL)契約を締結しました。


【背景と目的】
当社は、IBM Watson専門コンサルタントが約30名在籍しており、またコグニティブ・コンピューティング(※1)によるデータ分析を低価格から始められる「おてがるデータ分析環境サービス」の提供をしております。

<おてがるデータ分析環境サービス>
http://www.tdi.co.jp/products/wex-ac/index.htm

当社のAI(※2)領域のビジネスをさらに拡大するべく、当社は日本IBMと、コグニティブ・コンピューティングである「IBM Watson Explorer」のASL契約を締結いたしました。ASL契約により、当社はオリジナルの付加価値サービスを含めた、「IBM Watson Explorer」のライセンス販売ができるようになります。
今後、ASL契約に基づき、サポートサービスなど新たな付加価値サービスの提供を進めていきます。また販売代理店の募集を行います。

※1:コグニティブ・コンピューティング
経験を通じてシステムが学習し、相関関係を見つけて仮説を立て、また成果から学習することができるシステムのこと。

※2:AI(=Artificial Intelligence)
人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどの、人工知能のこと。

IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。


■会社概要 情報技術開発株式会社について
IoT、AIを中心に“情報技術で未来を創造”する独立系システムインテグレーターです。企業向けにコンサルティング・システム開発・保守・システム運用・管理などのサービスを提供しています。
IBM Watsonに関する技術専門部署を擁し、豊富な開発実績があります。

商号 : 情報技術開発株式会社(略称:tdi)
代表者: 代表取締役社長 三好 一郎
所在地: 東京都新宿区西新宿六丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー
創業 : 1968年9月
資本金: 13億5,100万円
URL  : http://www.tdi.co.jp


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
https://tdi.smktg.jp/public/application/add/35
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る