• トップ
  • リリース
  • 様々な困難に立ち向かえ!ドン・チャック!往年の名作アニメ『ドン・チャック物語』のコラボレーションTシャツを2種発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社ハードコアチョコレート

様々な困難に立ち向かえ!ドン・チャック!往年の名作アニメ『ドン・チャック物語』のコラボレーションTシャツを2種発売!

(@Press) 2017年03月01日(水)17時00分配信 @Press

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、株式会社ICHI(所在地:東京都練馬区、代表取締役:西野聖市)と共に、往年の名作アニメ、ザワザワ森の人気者『ドン・チャック物語』のコラボレーションTシャツを2種発売しました。

▼DON CHUCK CASTORO(ザワザワ森ブラック)-ドン・チャック物語-
http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=113795214
▼NO WAR!(アリストテレスゴールド)-ドン・チャック物語-
http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=113795317


【商品概要】
後楽園ゆうえんちから派生したマスコットキャラクター、ザワザワ森の人気者。それがドン・チャック。
1975年にはテレビアニメも開始、ザワザワ森の人気者ドン・チャックは一躍有名なキャラクターに。

ジャブジャブ川のほとりに住むビーバーの父子、ドン・アリストテレスとドン・チャック。わけあって母のいない息子チャックの成長に人一倍心をくだく父の心配をよそに、いたずら盛りのチャックは、おしゃまなビーバーの女の子ララや、ウサギのミミ、小グマのダイゴら、さまざまな仲間とともにのびのびと暮らしている。
そんな仲間たちや父との交流、森での冒険を通して、チャックはしだいに成長していく。

DON CHUCK CASTORO(ザワザワ森ブラック)は、当時のアナログでのセル画の味わいが詰まったこだわりのデザイン。
デジタル時代に物申す、懐かしくもやさしい一枚となっています。もちろん、コアチョコとのコラボだからこそのカッコよさも感じて欲しい。
もう一枚、NO WAR!(アリストテレスゴールド)は、物騒な世の中に一石を投じるメッセージたっぷりなデザイン。
カラーリングはドン・チャックカラー。困難に立ち向かうドン・チャックの姿は、今の時代だからこそ強烈に感じるはずです。

▼DON CHUCK CASTORO(ザワザワ森ブラック)-ドン・チャック物語-
http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=113795214
▼NO WAR!(アリストテレスゴールド)-ドン・チャック物語-
http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=113795317


【Tシャツ概要】
定価    :4,100円(税込)
サイズ 160:着丈62cm×身幅46cm
     S:着丈65cm×身幅49cm
     M:着丈69cm×身幅52cm
     L:着丈73cm×身幅55cm
     XL:着丈77cm×身幅58cm
    XXL:着丈81cm×身幅63cm

<販売場所>
・ハードコアチョコレート 東中野ヘッドショップ
http://goo.gl/2Q1N8A
・ハードコアチョコレート オンラインストア
http://core-choco.shop-pro.jp/
・Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/
・各種イベント


【ハードコアチョコレート会社概要】
映画やプロレス、漫画にアニメ、特撮…更には萌えまで…コアな題材をパンキッシュなデザインで飲み込み、1999年ブランド設立以来、様々なアンダーグラウンドシーンで話題を巻き起こす。正しく、けたたましく雑食“ハードコアな”Tシャツアパレルブランド。“過激だけどクール”で洗練されたデザインは国内外のコアなTシャツユーザーに圧倒的な支持を得ており、Tシャツ界の悪童の異名を持つ。

商号  : 有限会社ハードコアチョコレート
所在地 : 〒164-0003 東京都中野区東中野1-54-7 田島ビル2F
設立  : 2002年2月
代表者 : 取締役 宗方雅也
事業内容: Tシャツほか衣類のデザイン、製造、販売
URL   : http://core-choco.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る