プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

AOI Pro.『JAPAN FACTORY@SXSW2017』の開催決定

(@Press) 2017年03月07日(火)15時00分配信 @Press

株式会社AOI Pro.(本社:東京都品川区、代表取締役:中江 康人)は、2016年の「South by Southwest」(サウス・バイ・サウスウエスト、以下 SXSW)で開催したJAPAN HOUSEをJAPAN FACTORYへと昇華させ、これからのテクノロジーとコミュニケーションの最先端の発信基地“JAPAN FACTORY”を開催することを決定いたしました。


1.JAPAN FACTORY開催概要
アメリカ・テキサス州オースティンで2017年3月10(金)〜19日(日)(現地時間)に開催される世界最大のビジネスとコンテンツの祭典「SXSW」の公式イベント。
2017年は「Hello,Synchronicity.」を開催テーマに、最先端のデジタルテクノロジーを人と人とのコミュニケーションをより豊かにし、あるいは一人一人が成長していくきっかけを与えるツールとして捉え、日本の最先端技術をご紹介します。
ロボットもコンテクストが理解できる時代、リアルとバーチャルはもはや対義語ではありません。これからはAIロボットも言外のコンテクストを自ら判断し、世間話ができるようになる時代です。2017年のJAPAN FACTORYでは、技術を通して、ものごとを二軸対立的に考えるのではなく、あらゆることを同時に共時に発想する感覚を提示いたします。

<詳細>
名称   : JAPAN FACTORY
開催日時 : 2017年3月12日(日)〜14日(火)全日10時〜予定(現地時間)
開催場所 : Trinity Warehouse 99 Trinity St, Austin, TX 78701
開催テーマ: Hello,Synchronicity.
主催   : 株式会社AOI Pro.
後援   : 一般社団法人CiP協議会(本社:東京都港区、理事長:中村 伊知哉)
Facebook : https://www.facebook.com/jpnfactorysince2017/
Twitter  : https://twitter.com/japan_factory/


2.JAPAN FACTORYプロデュース:石黒浩教授×NTT、近藤麻理恵氏がFeatured Speakerに選出@SXSW2017
JAPAN FACTORYがプロデュースを手掛けたセッションの「世界的ロボット工学者・石黒浩教授×NTT」・「片付けコンサルタント・近藤麻理恵氏」が、SXSW2017におけるFeatured Speakerに選出されました。石黒教授・NTTは2016年に続く2回目の選出となります。Featured Speaker(フィーチャード・スピーカー)とはSXSW期間中に開催される約1,500のスピーチセッションのうち、特に注目度が高いスピーカーとしてSXSWによって選出された30〜50人のスピーカーです。各セッションの詳細は、添付資料をご参照ください。

<大阪大学 石黒浩教授(上段左)とNTTシニアリサーチサイエンティスト東中竜一郎氏(上段右)、Repliee(リプリー)S1(下段左)とキュートな女性型アンドロイド“U”(下段右)>
https://www.atpress.ne.jp/releases/123143/img_123143_2.jpg

<SXSWに初参加の近藤麻理恵氏>
https://www.atpress.ne.jp/releases/123143/img_123143_3.jpg


3.JAPAN FACTORY@SXSW2017コンテンツの詳細
JAPAN FACTORYでは、多彩な展示およびステージコンテンツをご用意しております。主要なコンテンツは以下の通りです。

1)NTT&大阪大学石黒研究所
本展示では、大阪大学とNTTが開発する議論対話システム(※1)およびNTTの音声技術(※2)のコラボレーションにより実現した人間と自然な対話をする機械むき出しのロボット“Repliee(リプリー)S1”とキュートな女性型アンドロイド“U”との対話や写真撮影をお楽しみいただけます。

※1 大阪大学:ロボット同士の対話に人を巻き込む形で論理的な対話を成立させる議論対話システム
  NTT:互いの意見を交換しながら合意形成を行う議論対話システム
※2 NTTの「耐騒音集音技術」「音声認識技術」「音声合成技術」

※上記、2つの議論対話システムおよびNTTの音声技術の詳細は、添付資料の“AIロボットと人間の対話を支える大阪大学とNTTの技術”をご覧ください。

2)NTT DATA
本展示では、ユーザーが“身に着けているモノ”や“手に持っているモノ”とデジタルサイネージを掛け合わせた新たな対話型の広告・宣伝メディア「Linked Virtual Ad. 〜Talking Beer〜」をお楽しみいただけます。

3)JAPAN FACTORY Original Installation
JAPAN FACTORY@SXSW2017のテーマ「Hello,Synchronicity.」のコンセプトを表現したインスタレーションを展示します。本展示では、最新のデジタルテクノロジーを駆使し、これからのクリエイティブ表現のあり方をアイデンティティの生成・解体・再構成をモチーフとして具現化。4つのスクリーンで同時多発的に起きるアイデンティティの生成・解体・再構成が、人が実際に触れることでさらに加速し、拡散していきます。
制作:AOI Pro. Inc./Land Ahoy Design Ltd/SHIFTBRAIN Inc.

4)CYBER TELEPORTATION TOKYO at SXSW powered by Kirari!(R)
イマーシブテレプレゼンス技術Kirari!(R)および高速ネットワーク技術を用いた、世界初のグローバル・インタラクティブ遠隔ライブパフォーマンス“CYBER TELEPORTATION TOKYO at SXSW”を出展いたします。2017年に日本人で初めてグラミー賞にノミネートされた音楽プロデューサーstarRoをオースティンに、国内外で数多くの注目を集める日本人ダンサーデュオAyaBambi、唯一無二のソウルフルな歌声が武器のシンガー向井太一、ヒップホップ・クルーKANDYTOWNのラッパーとして知られる呂布、そしてパリ、LAなどでのグローバルなライブ活動を行うアイドルユニットCheeky Paradeを東京に招き、東京のアーティストたちがあたかもオースティンへ“テレポート”し、一体となったライブ体験を提供します。

<オースティンより参加するstarRo(上段左)、Ayabambi(上段右)、Cheeky Parade(下段左)、呂布(下段中)、向井太一(下段右)>
https://www.atpress.ne.jp/releases/123143/img_123143_4.jpg

※本ライブの詳細およびライブ体験を支える技術の詳細は、添付資料の“最先端リモートテレプレゼンス技術Kirari!(R)”の紹介を参照ください。


5)NHKワールド 近藤麻理恵氏&DJ DOMO LIVE
JAPAN FACTORYのステージに近藤麻理恵氏が登場。
トークショーを開催します。NHKワールドで放送・VOD無料配信中の番組「Tidy Up with KonMari!」の映像を交え、「人生が変わる片づけ」を実演。
会場のお客様にも参加してもらいながらインタラクティブにご紹介します。
(2017年3月12日(日)現地時間:17:00〜18:00)
また、JAPAN FACTORYのステージにて、NHKのキャラクター・どーもくんにDJを指導するロボット、DJ DOMOによるDJ SHOWも開催します。
(3月12日(日)・3月14日(火)両日現地時間22:00スタート)

<JAPAN FACTORYに登壇する近藤麻理恵氏(左)、DJパフォーマンスを行うDJ DOMO(右)>
https://www.atpress.ne.jp/releases/123143/img_123143_5.jpg


以上のようなSXSW2017におけるJAPAN FACTORYの開催を起点に、AOI Pro.が中心となり、日本の新しい「ものづくり」を発信するJAPAN FACTORYプロジェクトの推進を目指します。

添付資料: https://www.atpress.ne.jp/releases/123143/att_123143_1.pdf


【会社概要】
商号   : 株式会社AOI Pro.
代表取締役: 中江 康人
所在地  : 東京都品川区大崎1-5-1
設立   : 1963年10月25日
事業内容 : テレビコマーシャルの企画および制作
       デジタルコンテンツの企画および制作
       エンタテイメントコンテンツの企画および制作
資本金  : 33億2,390万円
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る