• トップ
  • リリース
  • 第4回「10年間高格付を維持している優良企業」調査 10年間高格付企業は、前年から2倍以上に増加

プレスリリース

リスクモンスター株式会社

第4回「10年間高格付を維持している優良企業」調査 10年間高格付企業は、前年から2倍以上に増加

(@Press) 2017年02月28日(火)15時30分配信 @Press

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第4回「10年間高格付を維持している優良企業」調査結果を発表いたしました。


■調査結果
(1) 10年間高格付企業は、前年の1,912社から4,539社に倍増
2016年12月末時点でリスモンがRM格付(A〜F格)を付与している企業1,503,491社を対象に、2007年1月〜2016年12月の10年間でA格を維持し続けている優良企業を集計したところ、4,539社であり、前回(1,912社)から2,627社も大幅に増加した結果となりました。(図表A)
4,539社のうち、上場会社(売上高2,000億円以上かつ従業員3,000人以上)130社については、図表Bのとおりです。また、非上場会社(売上高1,000億円以上かつ従業員2,000人以上)83社については、図表Cのとおりです。

(2) 大規模企業ほど安定を実証
10年間高格付を維持している優良企業について、従業員数別に集計したところ、最もA格維持企業が多い規模帯は、従業員が「100人以下」(1,284社)であった。次いで2位「201人〜500人以下」(1,056社)、3位「101〜200人」(908社)、4位「501人〜1000人」(582社)と、集計対象企業数が多い小規模企業が上位を占める結果となりました。(図表D)
しかし、一方で、集計対象企業に対するA格維持企業の割合では、従業員数が多い企業ほど、その割合が高くなる傾向が顕著に表れていることから、定説どおり大規模企業の方が優良かつ安定した企業になりやすいことが表れているといえます。

(3) 「製造業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融・保険業」以外は2倍以上増加
10年間高格付を維持している優良企業について、業種別に集計したところ、A格維持企業が多い業種のランキング1位は「製造業」(1,445社)でした。次いで2位「卸売業」(993社)、3位「サービス業その他」(600社)となりました。以下、4位「情報通信業」(316社)、5位「小売業」(260社)、6位「運輸業、郵便業」(247社)、7位「識別・設備工事業」(246社)、8位「総合工事業」(135社)、9位「不動産賃貸・管理業」(119社)、10位「物品賃貸業」(53社)と続きました。(図表E)
全ての業種について、前回以上の水準となり、「製造業」「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融業、保険業」を除き、2倍以上の増加となっています。また、参入障壁が高く、寡占市場となり易いインフラ事業の「電気・ガス・熱供給・水道業」においては、A格維持社数こそ少ないものの、生存企業数に対して、10年間A格を維持している割合は、2.03%と極めて高い水準であることから、業界特性が色濃く表れているといえます。


■[総評]-10年前の「いざなみ景気」が今回の倍増につながる
2016年12月時点において、リスモンが格付を付与している企業1,503,491社に対して、A格企業は52,710社と全体のわずか3.5%となりました。さらに、その中おいて、「10年間高格付を維持している優良企業」は4,539社と、A格企業の8.6%、全体に対する割合に至ってはわずか0.3%と、極めて限られた企業といえます。(図表A)
それらのほとんどは、有名な大規模企業であろうと推測されがちですが、意外にも、A格維持企業の約80%は非上場会社であり、同じく約50%が従業員200人以下の中小企業という結果となりました。(図表D)
我が国の経済は大規模企業が支えているものと思いがちですが、実態はそれらの企業に加えて、モノづくりを中心とした事業基盤を背景に、大都市のみならず地方都市にも根を張り、中小規模ながらに安定した経営を続けている企業が下支えしていることが、今回の調査結果から読み取れます。

10年前の2006年度は、高度成長期の「いざなぎ景気(4年10ヵ月)」を超える戦後最長の景気拡大期(いわゆる、「いざなみ景気」)の最中であり、これを期に経営状態を安定化した企業が、その状態を維持できたため、前回集計時に比べ、2倍近くもの企業が10年間高格付を維持している優良企業として増加したと推察されます。
ただ、今回の調査によって掲出された企業は、そのような景気の高揚感によって評価が高められただけの企業というわけではありません。世界金融危機や度重なる震災の影響を乗り越えた企業ということがいえます。その経営努力は、まさに我が国の経済を支えるに相応しいものであるといっても過言ではありません。

※ 本編はダイジェスト版です。詳細な内容は、以下掲載サイトよりご覧いただけます。
http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/


■実施概要
調査名称   :第4回「10年間高格付を維持している優良企業」調査
調査方法   :企業情報調査結果に基づく調査
調査対象企業 :2016年12月末時点でリスクモンスター株式会社が
        RM格付(A〜F格)を付与している企業
調査対象企業数:1,503,491社


■リスモン調べとは
リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
掲載サイトはこちら http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/


■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2016年12月末時点で10,715(内、与信管理サービス等5,446、ビジネスポータルサイト等3,057、その他2,212)となっております。
URL: http://www.riskmonster.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る