プレスリリース

  • 記事画像1

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年3月号 発売!

(@Press) 2017年02月27日(月)17時00分配信 @Press

日経ナショナルジオグラフィック社(代表:中村尚哉、所在地:東京都港区白金)は、『ナショナル ジオグラフィック日本版 2017年3月号』を2月28日(火)に発行します。

ナショナルジオグラフィック日本版 2017年3月号
発売:2017年2月28日(火)/特別定価:1,010円(税込)
発行元:日経ナショナルジオグラフィック社
判型:B5変型判(254mm×175mm)・平綴/総ページ数:142ページ
通巻:264号
発行人:中村尚哉/編集長:大塚 茂夫
特別付録:「バイキングの足跡/恐れられた船団」サイズ:241mm×720mmミリ

<特集(6本)>
■バイキング大海の覇者の素顔
古くは8世紀末にブリテン諸島を荒らし回った記録が残るバイキング。11世紀までには北半球で広範囲にわたる襲撃や交易、探検を行うようになった。
■樹木のパワー
木は私たち人間にひらめきを与え、傷付いた心を癒し、どのように生きるべきかを気づかせてくれる。
■ウズベキスタン底知れない洞窟へ
世界一深い洞窟を探して、中央アジアの険しい山岳地帯に足を踏み入れた。
謎多き地下世界はどこまで続いているのか。
■“自撮り”で脚光クロザルの現実
インドネシアのスラウェシ島に生息するクロザル。自分で撮ったという写真がきっかけで人気者になったが、彼らを取り巻く現実は厳しい。
■南シナ海枯渇する水産資源
領有権争いや乱獲によって、世界屈指の豊な漁場が崩壊の危機に直面している。
■メガシティ大都会の街角
現在、人類の半数以上が都市部に暮らしている。人口が1000万人を超し、巨大なエネルギーが渦巻く「メガシティー」をオランダ人写真家が撮影した。
 
「ナショナル ジオグラフィック」誌は、米国ワシントンD.C.に本部を置く世界最大級の非営利の科学・教育団体ナショナルジオグラフィック協会が1888年に会員誌として創刊しました。協会の発足以来、1万件以上の研究・調査プロジェクトを支援し、大地・海・空に広がる「世界の地理知識向上」に貢献しています。
 「ナショナル ジオグラフィック日本版」は1995年4月に初めての外国語版として創刊されました。その後、イタリア語、ギリシア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、韓国語などおよそ40の言語で発刊されており、全世界で850万人が購読しています。

■歴史的に有名なナショナル ジオグラフィック協会支援の探検・調査活動
「インカの空中都市マチュピチュの発見」「探検家ロバート・ピアリ、初の北極点到達」「アポロ11号の月面着陸」「ジェーン・グドールの野生チンパンジー研究」「植村直己の北極点単独行」「大西洋に沈む豪華客船タイタニック号の発見」など、128年間で1万件以上になります。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る