• トップ
  • リリース
  • 世界トップ5の芸術大学、ロンドン芸術大学が日本国内で入学審査を東京・大阪にて3月29日実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

世界トップ5の芸術大学、ロンドン芸術大学が日本国内で入学審査を東京・大阪にて3月29日実施

(@Press) 2017年02月28日(火)09時30分配信 @Press

ロンドン芸術大学 University of the Arts London (UAL、所在地:イギリス、学長:Nigel Carrington)は、日本の公式出願窓口として提携を結んだBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー、以下 beo)の東京・大阪のオフィスで、2017年3月29日に、今年度留学生の入学審査面接を行います。ロンドン芸術大学は、アート&デザイン分野で「QS世界大学ランキング2016-2017」のトップ5に入るなど、国際的に高く評価されています。入学審査は書類審査と面接により行われ、日本国内ではbeoが提供する留学サポートを通して、来日するロンドン芸術大学入学審査官との面接を予約することができます。

ロンドン芸術大学(UAL)および日本公式出願窓口 beo(ビーイーオー)について:
http://www.artslondon.jp/


■ロンドン芸術大学の入学審査
イギリスの芸術系大学や芸術学部では、一斉に行われる1回の筆記試験や実技試験で合否判定されることはなく、出願に必要な書類である最終学歴の成績証明書、推薦状、志望動機書(自己推薦文)、英語能力試験のスコア、ポートフォリオ(*1)などにより審査されます。ロンドン芸術大学では、多くのコースで面接も課されます。日本国内で行う面接は、唯一、beoの留学サポートを通して予約することが可能です。合否判定もbeoの留学サポートを通して通知されます。

(*1) ポートフォリオ・・・イギリスの大学の芸術系コースに出願する際に必要となる、自身の作品やアイデア、完成までのプロセスなどをまとめた作品集。現時点の技術力よりも、感性、発想力、表現力、創造力など、将来の可能性を重視した審査が行われます。


■beoの留学サポートと、日本公式出願窓口の役割
ロンドン芸術大学は、日本における広報活動や、留学希望者・入学者に対する適切なサポートを行うため、日本公式出願窓口を設置しています。beoは学校説明会や出願準備セミナーの開催、出願代行、ポートフォリオ審査や面接手配、合格後の入学手続きなどを、公式出願窓口として行います。また、ロンドン芸術大学から公式なトレーニングを受け、各カレッジの特色や専門知識を備えた留学カウンセラーが、コース選びから入学までをサポートします。beo留学サポートのご利用にはお申込みが必要です。


■約300人の日本人学生が在籍するイギリス国立大学
ロンドン芸術大学は世界を代表する芸術系大学として、日本でも著名なジミー・チュウやステラ・マッカートニー、ピアース・ブロスナンなど、これまで多くのデザイナーやアーティストを卒業生として生み出してきました。国際的に知名度が高く、日本人にも人気の留学先で、現在約300人の日本人学生が在籍しています。専攻する学科によって6つのカレッジに分かれており、それぞれに実践性を重視した専門施設が備わっています。現役のデザイナーが教鞭を執ったり、学生が実際の現場でプロジェクトに参加できたりと、授業の内容も高く評価され、QS世界大学ランキング(QS World University Rankings 2016-2017)では、アート&デザイン部門において世界トップ5にランクインしました。


■ロンドン芸術大学の入学審査面接 実施概要
日時:2017年3月29日(水) 時間や詳細は対象者に個別にご案内します
場所:beo東京オフィス(新宿)、大阪オフィス

<対象者>
beoの留学サポートを利用して、ロンドン芸術大学の下記いずれかのコースに出願した方

●全てのカレッジ(下記)で開講されるファウンデーションコース(学士課程への進学準備コース)(*2)

●下記**付きのカレッジで開講される修士課程

※いずれも出願にポートフォリオが必要なコースのみが対象

・カンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ(Camberwell College of Arts)**
・セントラル・セント・マーティンズ(Central Saint Martins)
・チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ(Chelsea College of Arts)**
・ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーション(London College of Communication)
・ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(London College of Fashion)
・ウィンブルドン・カレッジ・オブ・アーツ(Wimbledon College of Arts)**

(*2) 日本の高校卒業後、イギリスの大学の入学資格を得るための一般的な選択肢の一つとして、ファウンデーションコースと呼ばれる1年間の準備コースを修了する必要があります。


※これから出願を予定していて、まだbeoの留学サポートにお申込みでない方は、至急下記までお問合わせください。
※一部すでに出願が締め切られたコースもあります。


【お申込み・お問合わせ】
ロンドン芸術大学 日本公式出願窓口beo(ビーイーオー)
お電話: 03-5367-3315
Web  : http://www.artslondon.jp/


■留学エージェント beo(ビーイーオー)
留学エージェントのbeoは、ロンドン芸術大学だけでなく、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの大学・大学院留学に必要な願書の作成や、出願代行などのサポートを提供しています。また、進学に向けた英語コースや留学準備コースを開講しています。上記4か国に加え、その他英語圏への語学留学サポートも行っています。


【BEO株式会社】
BEO株式会社は、「国際教育」と「国際社会で活躍できるキャリア」を支援するため、留学サポートサービス、英語学校事業、キャリアコンサルティングなどの留学トータルサポートを展開しています。日本と海外との架け橋の役割を担うbeoは、全ての方が適切な教育を選択し、ご自身の夢を実現され、「最高の自分」を目指せる環境創出を目指しています。
URL: http://www.beo.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る