• トップ
  • リリース
  • 最大1,000台の無線アクセスポイントを管理可能なソフトウェア無線LANコントローラ『Central Wi-Fi Manager』を無償で配布開始

プレスリリース

  • 記事画像1

ディーリンクジャパン株式会社

最大1,000台の無線アクセスポイントを管理可能なソフトウェア無線LANコントローラ『Central Wi-Fi Manager』を無償で配布開始

(@Press) 2017年03月01日(水)10時00分配信 @Press

ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下 D-Link)は、最大1,000台(*1)までD-Link無線アクセスポイントを管理可能なソフトウェア無線LANコントローラ『Central Wi-Fi Manager』を無償にて配布することを発表いたします。


『Central Wi-Fi Manager』はD-LinkのDAPシリーズ上位モデル(*2)を統合管理可能なソフトウェアタイプの無線LANコントローラです。
従来の無線LAN統合管理ソリューションである、クラウド型の無線LANコントローラ『D-Link Business Cloud』、オンプレミス型アプライアンス無線LANコントローラである『DWC/DWSシリーズ』に加えて、新たにソフトウェア無線LANコントローラを無線LAN統合管理ソリューションとして追加することで、よりお客様環境やニーズに合わせた無線LAN管理を実施いただけるようになります。

『Central Wi-Fi Manager』はWEBベースデザインを採用したサーバ/クライアント型ソフトウェアのため、クライアント側は特別なソフトウェアのインストールは不要で、WEBブラウザがあればグラフィカルなWEBインターフェースにより直観的な管理が可能です。

多彩な管理機能を備えており、電波干渉を軽減する自動チャネル調整/自動出力調整機能、ファームウェアの一括スケジュールアップデート機能、Syslog/Trapサーバ機能や管理アクセスポイントに接続したクライアント情報取得機能、各種モニタリング機能など、無線LANを統合管理できる充分な機能性を有しています。

(*1) 管理数により必要なシステム要件は異なります。
(*2) DAP-1665/DAP-1850ACを除く


【D-Link社について】
世界66カ国、189拠点を有する世界的なネットワーク機器メーカーD-Linkは、1986年創業から31年の歴史を持ち、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線LAN製品群、メディアコンバーター、IPカメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。
D-Linkは『Building Networks for People』の理念の元、お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約600の製品を年間3,000万台以上世界各国に向けて出荷しています。日本では約10年間OEM事業を中心に展開した後、2005年7月にD-Linkブランド製品の販売を目的とした日本現地法人を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。

社名  : ディーリンクジャパン株式会社
所在地 : 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-7-18 SOWA五反田ビル2F
設立  : 2005年7月11日
代表  : 代表取締役社長 廖 晋新(マーティ・リャオ)
資本金 : 9,500万円
URL   : http://www.dlink-jp.com/
事業内容: 自社ブランドによるネットワーク製品の
      開発・設計・企画営業・販売およびサポート業務情報
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る