• トップ
  • リリース
  • 今年も3日間限定で、パブリックアート『Counter Void』に光が灯る「Relight Days 2017」開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

特定非営利活動法人インビジブル

今年も3日間限定で、パブリックアート『Counter Void』に光が灯る「Relight Days 2017」開催

(@Press) 2017年02月28日(火)10時30分配信 @Press

特定非営利活動法人インビジブル(本社:東京都渋谷区、代表理事:林曉甫)が東京都及びアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と共催で実施しているアートプロジェクト「リライトプロジェクト」では、2017年3月11日(土)〜13日(月)の3日間、「Relight Days 2017」を開催いたします。

「Relight Days 2017」では、アーティスト宮島達男氏が制作したパブリックアート『Counter Void』(2003年/テレビ朝日所蔵作品)を、昨年に引き続き3月11日(土)〜13日(月)の3日間限定で再点灯すると同時に、ワークショップ「3.11が■ている。」を通じて、作品を鑑賞する一人一人が未来の生き方や人間のあり方を考える体験を提供いたします。


■『Counter Void』とは
現代美術家の宮島達男氏が「生と死」をテーマに制作した、テレビ朝日社屋の壁面に常設されている高さ5m全長50mの巨大な光のパブリックアート。東日本大震災から2日後の2011年3月13日、震災で被災された方々への哀悼の意を込め、宮島達男氏の意志によって消灯されました。昨年2016年3月11日〜13日、リライトプロジェクトによって5年ぶりに3日間限定で再点灯されて以降は、現在も消灯し続けています。


■ワークショップ「3.11が■ている。」とは
『Counter Void』を前に、鑑賞者が自身の記憶や体験に向き合いながら、■内に思い浮かべた言葉を書き、ソーシャルメディアに投稿してもらうワークショップです。


■リライトプロジェクトとは
人間の「生と死」をテーマに作られた『Counter Void』のコンセプトを引き継ぎながら、鑑賞する一人一人の心に問いと気付きを生み出すシンボルとして消灯中の作品を再点灯させることを目指し、2015年に始動したアートプロジェクトです。現在は消灯中の『Counter Void』を毎年3日間限定で再点灯する「Relight Days」の開催と、社会彫刻家※1を育てる市民大学「Relight Committee」を開校し、未来の生き方や人間のあり方を考えるプラットフォームの形成を目指しています。今年度、Relight Committeeメンバーが「生と死」をテーマに行うアクションについては、公式ウェブサイトで近日公開します。

※1 「社会彫刻家」とはヨーゼフ・ボイスが提唱した「社会彫刻」の概念をベースに、「アートが持つ創造性や想像力を用いて、自らの生活や仕事に新たな価値をつくり続け、行動する人」を指すリライトプロジェクトが提唱する概念。


■Relight Days 2017 開催概要
<正式名称>
Relight Days 2017
<会期>
2017(平成29)年3月11日(土)〜3月13日(月)

<『Counter Void』点灯時間>
2017年3月11日(土)     14:46〜24:00
   3月12日(日)、13日(月)10:00〜24:00

<「3.11が■ている。」ワークショプ開催時間>
2017年3月11日(土)     15:00〜18:00
   3月12日(日)、13日(月)11:00〜18:00

<会場>
六本木ヒルズけやき坂『Counter Void』前(東京都港区六本木6-9)

<主催>
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人インビジブル

<特別協力>MEDIA AMBITION TOKYO

<URL>
http://relight-project.org/


■法人概要
商号  : 特定非営利活動法人インビジブル
代表者 : 代表理事 林曉甫
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿2-23-3-201
設立  : 2015年7月8日
URL   : http://invisible.tokyo/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る