• トップ
  • リリース
  • 阪急交通社で立山黒部アルペンルートへ行って「追憶」を見に行こう!阪急交通社×東 宝 北陸舞台の 映画「追憶」を製作しました “トラピックス北陸の旅”申込者500組1,000名に映画鑑賞券をプレゼント

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 阪急交通社

阪急交通社で立山黒部アルペンルートへ行って「追憶」を見に行こう!阪急交通社×東 宝 北陸舞台の 映画「追憶」を製作しました “トラピックス北陸の旅”申込者500組1,000名に映画鑑賞券をプレゼント

(@Press) 2017年02月24日(金)14時45分配信 @Press

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122861/img_122861_1.jpg
阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 松田誠司)は、製作委員会メンバーとして参画し、東宝(東京都千代田区有楽町 代表取締役社長 島谷能成)の映画「追憶」を製作しました。
「追憶」は岡田准一主演で、北陸の美しい風景を舞台に撮影された詩情豊かな作品です。2017年5月6日(土)の映画公開までのプロモーションとして、トラピックスの富山県・能登方面ツアーの申込者の中から抽選で、ペア500組1,000名様に「追憶」の映画鑑賞券をプレゼントするキャンペーンを開始します。これにより、富山・能登方面ツアーの需要喚起を図ります。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/122861/img_122861_2.jpg

阪急交通社では、北陸・甲信越方面の旅行を年間約25万人取り扱っています。春から夏にかけて北陸旅行の定番は、立山黒部連峰のアルペンルートと、黒部峡谷トロッコ電車に乗車するコースです。一昨年2015年3月に、北陸新幹線の長野〜金沢間の開業で利便性が向上したことにより、富山県のみならず能登半島周遊ツアーや、観光列車を組み入れた石川県を訪れるツアーが年間通じて人気となっています。

阪急交通社では、今回の映画の製作をとおして、北陸の四季折々の自然や食、文化を盛り込んだ新商品を開発するとともに、情報誌「トラピックス倶楽部」や、無料講座「阪急たびコト塾」などで北陸の魅力を紹介し、新たな北陸ファンを増やしてまいります。

【映画鑑賞券プレゼント概要】※詳細は下記ホームページをご確認ください
応募期間:2017年4月20日(木)までにツアー予約申込完了ください
応募方法:阪急交通社「追憶」キャンペーンマーク掲載の旅行商品に申込完了で、自動的応募となります
旅行期間:2017年3月15日(水)〜2017年9月30日(土)
内容:「追憶」映画鑑賞券 500組1,000名様。応募の方から厳選な抽選を行います
当選発表:映画鑑賞券の発送をもってかえさせていただきます(4月末発送予定)
URL:http://www.hankyu-travel.com/chubu-hokuriku/tsuioku

映画「追憶」監督:降旗康男 / 撮影:木村大作 / 主演:岡田准一
※2017年5月6日(土)全国ロードショー
日本映画界屈指の名匠 降旗監督と木村カメラマンが9年ぶりにタッグを組む15作目、主演は岡田准一、共演には小栗旬をはじめ日本を代表する豪華俳優陣が集結。ストーリーはミステリーの中に過去と現在の登場人物たちの心情が行き交い、切なさを超えた深い感動が待つヒューマンドラマ。

阪急交通社 http://www.hankyu-travel.co.jp/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/4844.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る