• トップ
  • リリース
  • ダークトレース、主力2製品が世界的な情報セキュリティ誌により最高賞を受賞

プレスリリース

ダークトレース・ジャパン株式会社

ダークトレース、主力2製品が世界的な情報セキュリティ誌により最高賞を受賞

(@Press) 2017年02月24日(金)15時00分配信 @Press

機械学習と数学理論に基づくEnterprise Immune System技術でサイバーセキュリティ業界をリードするDarktrace Limited(以下、ダークトレース、本社:英国ケンブリッジ、米国サンフランシスコ、最高経営責任者(CEO):ニコール・イーガン)は、2017年2月第3週にダークトレースが米国サンフランシスコで出展したRSA Conference 2017(以下、RSA)のメディアパートナーである米Cyber Defense Magazine誌によるCDM Infosec Awardsにおいて、企業向けセキュリティ分野(Enterprise Security)で最高賞である「Best Product in Enterprise Security」賞を受賞したことをお知らせします。またEnterprise Immune System技術が検知した脅威からネットワークを自動的に防御する製品であるDarktrace Antigenaが、米Information Security Product Guide誌によるGlobal Excellence Awardsにおいて「Most Innovative Security Company of the Year」(※)を受賞しました。


50以上の受賞歴を誇るダークトレースのEnterprise Immune Systemは、ケンブリッジ大学の数学の専門家が開発した人工知能のアルゴリズムを駆使してネットワーク全体の定常状態を常に把握・可視化し、ルールやシグネチャに依存せず異常な挙動や未知の脅威をリアルタイムかつ自動的に検知する画期的な技術です。物理、仮想、クラウド、IoTデバイス、産業用制御システム(ICS)などあらゆる種類・規模のネットワークで機能する自己学習型プラットフォームにより、設立から4年弱で世界60か国における550以上の顧客のネットワーク内から30,000におよぶ深刻なサイバー攻撃を検知し、潜在的なリスクに事前対処してきました。

世界最大の情報セキュリティカンファレンスであるRSA期間中における2つの最高賞受賞は、市場動向、弊社の成長性、製品ラインアップの強み、革新性を総合的に織り込んだ上で、厳正な審査により評価された結果です。


ダークトレースの最高経営責任者(CEO)、ニコール・イーガンは、「業界における非常に多くの専門家がダークトレースのサイバー防御に対する革新的なアプローチを評価していることを嬉しく思います。これらの名誉ある2つの受賞は、私どもの技術が市場にもたらした創造的破壊を改めて強調するものです。バズワードが溢れる業界において、私どもは真の人工知能と教師なし機械学習をベースに、従来のセキュリティツールをすり抜けてしまう、潜在的には破滅をもたらすほんのわずかなサイバー攻撃を検知することができます。マシン対マシンの戦いはすでに始まっています。人目を盗むように進化した攻撃に先手を打つために、あらゆる組織がAIで防御を施す必要があるのです。」と述べています。

(※)従業員数100〜499名、ソフトウェアカテゴリにおける受賞。Global Excellence Awardsについて詳しくは公式ウェブサイト( http://www.infosecurityproductsguide.com/world/ )を、またCDM Infosec Awardsについては( http://www.cyberdefensemagazine.com/2017-cdm-infosec-award-winners/ )をご覧ください。


【参考資料】
ダークトレースについて

ダークトレースは、最先端の機械学習で世界をリードするサイバー防御企業です。数々の受賞歴を誇るEnterprise Immune Systemは、人間の免疫システムに着想を得たケンブリッジ大学の数学の専門家が開発した人工知能のアルゴリズムを応用して、組織内のあらゆるデバイス、ユーザーの生活パターンを常に学習し、物理、仮想、クラウド、IoTデバイス、産業用制御システム(ICS)などあらゆる種類・規模のネットワークで機能する自己学習型プラットフォームにより、ルールやシグネチャに依存せず、ゼロデイ攻撃や内部脅威、ランサムウェアなどの未知の脅威をリアルタイムかつ自動的に検知する画期的な技術です。設立以来、わずか4年弱で従業員数は370名を超え、前年比600%の成長を続けるダークトレースは、世界60か国における2,000件以上の導入実績において30,000を超える未知の脅威を検知しました。本社は米国サンフランシスコと英国ケンブリッジにあり、世界に23の拠点を置いています。
詳しくは、日本語ウェブサイト( http://www.darktrace.jp/ )をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る