プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

三井不動産レジデンシャル株式会社

「アーバンアウトドア」という新しい暮らし方

(@Press) 2017年02月23日(木)14時00分配信 @Press

 三井不動産レジデンシャル株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長:藤林清隆)は、中央区晴海2丁目に建設中の地上48階建・大規模免制振タワーマンション「パークタワー晴海」において、株式会社スノーピーク(所在:新潟県三条市 代表取締役社長:山井太 以下「スノーピーク」)と共同で、「アーバンアウトドア」のある暮らしを取り入れたマンション共用部の空間を開発しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_1.jpg
オーナーズリビング完成予想CG
 
近年、自然とのふれあいを通じた家族や友人とのコミュニケーション作りや防災時のアイテム利用として、アウトドアの持つ価値が注目されています。「パークタワー晴海」では、こうした時代のニーズを先取りし、マンションの敷地計画や備品、ソフトサービスにアウトドアを組み込むことで、新たなライフスタイルを提案していきます。また、アウトドア総合メーカーの「スノーピーク」とハード、ソフトの両面でコラボレーションすることで、「アウトドア」を通じたサスティナブルな居住者間のコミュニケーションを支援していきます。
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/table_122790_1.jpg


TOPICS1 マンション共用部で都心タワーマンション初の本格アウトドアを提供 
 約500平米の屋外共用スペース「暖憩テラス」では、バーベキューやキャンプ宿泊、焚き火などの本格的なアウトドアが体験できます。必要な用具(スノーピークのバーベキューセット、タープ、テントなど)はレンタル可能で、都心の高層タワーマンションにキャンプサイトを設置するという試みは業界初(※)となります。(※スノーピーク調べ)
 屋内共用スペース「オーナーズリビング」と内外をつなぐ「パーティーテラス」の家具にもスノーピークのテーブルやチェアなどアウトドア用品を採用。テントやタープなどを駆使した「室内アウトドアスペース」として居住者間交流に活用できます。また収納・設営・移動がスムーズにできるアウトドア用品は、防災グッズとしての利用も可能です。


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_2.jpg
「暖憩テラス」敷地イラスト

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_3.jpg
「ファイヤーリビング」完成予想CG

TOPICS2 スノーピークスタッフによるワークショッププログラムを通じて居住者間のつながりを創出
 アウトドアドリップコーヒーのような気軽な体験から、テントやタープの設営といった本格的なアウトドアレクチャーまで様々なコンテンツプログラムをご用意。居住者向けの定期的なアウトドアイベントを実施します。都心でも実現できるアウトドアや野遊び体験を通じて、居住者間コミュニケーションの活性化を促進し、新しい都心生活を創出していきます。

【主なアウトドアイベント(予定)】
■アウトドアドリップコーヒー体験イベント
■焚火台を使ったダッチオーブンの使い方レクチャー
■テントやタープの設営方法レクチャー
【コンセプトムービー公開】
スノーピークとコラボレーションした「パークタワー晴海」のソフトサービスについてコンセプトムービーを公開しています。
動画URL: https://youtu.be/tKyIIVwsHS4


TOPICS3 スノーピークが新築マンションで初めてモデルルームをプロデュース
 専有部においても「アーバンアウトドア」が実現できる暮らし方を提案します。まるで自然の中にいるような落ち着きを感じられる色や素材のインテリア、家族・仲間と集うことができる空間レイアウト、キャンプ用ファニチャーやアイテムの日常使いなど、居住者の嗜好に合わせたカスタマイズが可能です。(※一部住戸で対応。)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_4.jpg
モデルルーム64An タイプ(2017 年2 月撮影)

 さらに、「パークタワー晴海」では、<スノーピーク×隈研吾>がプロデュースしたモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を活用したソフトサービスも導入予定。キャンプ場等で居住者が利用できるよう計画中です。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_5.jpg
住箱-JYUBAKO

「パークタワー晴海」物件概要
所在地    東京都中央区晴海二丁目 104 番、105 番(地番)
交通     東京メトロ有楽町線「月島」駅徒歩12 分、「豊洲」駅徒歩15 分、
       都営大江戸線「勝どき」駅徒歩15 分
総戸数    1,076 戸
敷地面積   19,161.72 平米
間取り    1LDK〜4LDK
専有面積   42.53 平米〜121.16 平米※総戸数に対応
構造・規模  鉄筋コンクリート造一部鉄骨造・地上 48 階建地下 1 階建塔屋 1 階
設計・施工  株式会社大林組
デザイン監修 光井純 アンド アソシエーツ建築設計事務所株式会社
外構コンセプトデザイン 株式会社オリエンタルランド
建物竣工予定 2019 年5 月下旬
入居予定   2019 年9 月下旬
販売開始予定 2017 年6 月上旬

「パークタワー晴海」現地案内図
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/122790/img_122790_6.jpg

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る