• トップ
  • リリース
  • 高い光学性能と圧倒的な小型軽量化、優れたコストパフォーマンスで、シネマカメラ用レンズの常識を覆す シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」シリーズ新発売

プレスリリース

  • 記事画像1

富士フイルム株式会社

高い光学性能と圧倒的な小型軽量化、優れたコストパフォーマンスで、シネマカメラ用レンズの常識を覆す シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」シリーズ新発売

(@Press) 2017年02月22日(水)18時15分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、シネマカメラ用レンズに、高い光学性能と圧倒的な小型軽量化、優れたコストパフォーマンスを実現した「MKレンズ」シリーズを新たにラインアップします。同シリーズの第一弾として、焦点距離18-55mmの標準ズームレンズ「FUJINON MK18-55mm T2.9」(以下、「MK18-55mm」)を平成29年3月上旬より発売します。また今夏に、焦点距離50-135mmの望遠ズームレンズ「FUJINON MK50-135mm T2.9」(以下、「MK50-135mm」)を追加し、18-135mmの常用焦点距離全域をカバーしていきます。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1155.html?link=atp

近年、インターネット上の企業CMなどWeb映像の急速な普及により、シネマカメラやデジタルカメラを使った動画撮影が増える中、高い解像力と優れた描写力を持つ高性能な動画用レンズの需要が高まっています。本来、浅い被写界深度で、ボケを生かした豊かな映像を撮影するためには、シネマカメラ用レンズが最適ですが、それらは大きくて重く、高額であることから、Web映像などの制作現場では、より安価で機動性に優れたデジタルカメラ用交換レンズを使用することが多くあります。しかし、デジタルカメラ用交換レンズは、静止画撮影向けに設計されているため、ズーミング時に焦点移動や光軸ずれなどが発生するといった問題があります。富士フイルムは、これらの問題に対し、高い光学性能と、クリエイティブな動画撮影者の高いニーズに応える大きさ・操作性を持った新たなシネマカメラ用レンズの開発に取り組んできました。

今回ラインアップに追加する「MKレンズ」は、「FUJINONシネレンズ」の特長である、画面中心から周辺まで高い光学性能と低ディストーション(*1)を踏襲しながら、従来のシネマカメラ用レンズの常識を覆す圧倒的な小型軽量化と優れたコストパフォーマンスを実現したレンズです。
「MKレンズ」は、焦点距離全域でT2.9(*2)の明るさを実現。浅い被写界深度でボケ味を活かした撮影を可能にします。また、スーパー35mm(*3)/APS-Cセンサー対応のEマウント(*4)と、当社デジタルカメラ「Xシリーズ」(APS-Cセンサー対応)で採用しているXマウントの2種のマウントに対応。短いフランジバック(*5)の利点を光学設計に最大限活かすことで、高い光学性能を小型・軽量ボディで実現しています。さらに、動画専用レンズに最適化された光学・機械設計を行うことで、デジタルカメラ用交換レンズの持つ、ズーミング時の焦点移動や光軸ずれ、フォーカシング時の画角変更(ブリージング)を抑制しています。このほか、フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)を独立してマニュアル操作できる3連リングを搭載し、すべての操作リングのギアピッチ(*6)を0.8M(モジュール)に統一。フォーカスリングの回転角を幅広い200度に設計し、精緻なフォーカシングを可能にするなど、快適な操作性を実現しています。

まずはEマウント専用レンズとして、焦点距離18-55mmの「MK18-55mm」を3月上旬に、同50-135mmの「MK50-135mm」を今夏に発売します。また、Xマウントに対応した製品(焦点距離:18-55mm、50-135mmの2種)は本年中の発売を目指して、開発を進めていきます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122761/img_122761_1.jpg

富士フイルムが提供するフジノンレンズは、高い描写力が評価され、世界中の映画、CM、テレビドラマの制作の現場で採用されてきました。最先端の映像表現の領域分野で長年培ってきた光学技術や精密加工・組立技術などを生かし、既存の「HK/ZK/XKレンズ」シリーズに、「MKレンズ」シリーズをラインアップに加えて、制作現場の多様なニーズに応えていきます。

*1 ディストーションとは、レンズを通して結像する際に、周辺部で像が縮んだり、伸びたりして、歪む現象。
*2 T値は、F値と透過率を考慮して表したレンズの明るさを示す指標。数値が小さいほど明るいレンズであることを表す。
*3 映画用の35mmフィルムカメラにおいて標準的なフォーマットで、多くのシネマカメラで採用されているセンサーサイズ。
*4 ソニー株式会社が開発したレンズマウント規格。
*5レンズマウントのマウント面からセンサーまでの距離。
*6 歯車の歯と歯の間の距離。

富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る