• トップ
  • リリース
  • デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開

プレスリリース

  • 記事画像1

富士フイルム株式会社

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開

(@Press) 2017年02月22日(水)18時00分配信 @Press

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開いたします。

◆詳細はWebページをご覧下さい。
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1156.html?link=atp

平成23年にデジタルカメラ「Xシリーズ」の展開を開始し、平成24年にはXマウント搭載のミラーレスデジタルカメラを発売、その後も新製品を積極的に投入することで、「Xシリーズ」を拡充してきました。あわせて「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップも充実させ、現在合計24本にまで拡大。多くの写真家から、画質と機動性において高い評価をいただいています。

<今回新たに追加したレンズ>
1. 動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」
プロの撮影分野において、4K動画をはじめとした高精細な映像制作への需要が急増する中、機動性や操作性に優れ、独自の色再現技術により多彩な色調の高品質な動画を撮影できる「Xシリーズ」を活用したいというニーズに応えるため、動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」の「Xシリーズ」用マウント(Xマウント)に対応した製品を開発します。
2. 静止画撮影に最適な「望遠単焦点レンズ」と「超広角ズームレンズ」
これまで「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップを充実させ、広角域から超望遠域まで幅広い撮影領域をカバーしてきました。今回、静止画撮影に最適なXFレンズの新ラインアップとして、プロ写真家や写真愛好家から特に要望の多かった「望遠単焦点レンズ」と「超広角ズームレンズ」の2本を開発します。

今後も、「Xシリーズ」と交換レンズのラインアップ拡充を通じて、静止画撮影から動画撮影まで幅広いニーズに対応し、「Xシリーズ」の魅力をさらに拡大していきます。
【デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップ】
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/122759/img_122759_1.jpg

富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/?link=atp
「Xシリーズ」公式フェイスブック
  ⇒ http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る