プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ホテル京阪

プレミアムフライデー特別企画「Reward Myself with !」

(@Press) 2017年02月22日(水)14時30分配信 @Press

 株式会社ホテル京阪(本社:大阪市中央区 社長:工藤俊也)が運営するホテル京阪 京都 グランデ(所在地:京都市南区)、ホテル京阪 京橋 グランデ(所在地:大阪市都島区)では、2017年2月24日(金)より実施される「プレミアムフライデー」に合わせて、「Reward Myself with !」をテーマとし、1ヶ月間仕事をした自分に、いつもより少し贅沢な時間を過ごしていただけるようなご褒美プランをご用意しました。

■レストランプラン
ホテル京阪 京都 グランデ 地中海料理&ワイン・ビアバル オクターヴァ
「Reward Myself with C(cocktail)! 〜ちょっぴり贅沢に〜」
月1度のプレミアムフライデーに限定カクテルが登場。この日をイメージしてソムリエが考案したオリジナルカクテルの「茶の香ギムレット」。テーマは「今月の頑張りへのご褒美」
【商品紹介】日本初のクラフトジン蒸留所「京都蒸留所」が製造する国産のスーパープレミアムジン“季の美”をベースにしたオリジナルカクテル。アルコールは少し強めですが、口当たりよく仕上げています。違いがわかるビジネスウーマンに是非テイストしていただきたい一杯です。柚子の香と緑茶リキュールとのハーモニーで仕事終わりのほっとした時間に。(1,200円)

ホテル京阪 京橋 グランデ レストラン ロレーヌ
「Reward Myself with D(dessert)!〜私だけのひととき〜」
月1度のプレミアムフライデー限定のデザートセットが登場。仕事帰り、自分だけの時間を堪能したい、そんな女性にソムリエがシャンパンに合わせたデザートプレートをご用意。自分をグレードアップしてくれる贅沢な時間をご褒美に。
【商品紹介】シャンパンは、エレガンスで洗練された味わいのヴーヴ・オーフレイ・ブリュット・NV。シャンパンの酸味に合わせたカスタードとチョコレートとの香りをお楽しみいただけるプティフール、プチデザートをご一緒に。夕陽を眺めながら過ごす素敵な週末のはじまり。(1,800円)


■宿泊プラン
ホテル京阪 京橋 グランデ
「Reward Myself with E(exercise)! 〜美容?健康?ストレス解消?〜」
ホテル館内にあるスポーツクラブ「ティップネス」で、プール、マシンを使って自分のペースでトレーニング、リフレッシュできる宿泊プラン。ウエアも準備されているので、手ぶらで利用できる。(7,083円〜)


■仲間同士パーティーなどでお得にご利用いただけるプラン
ホテル京阪 京都 グランデ
場  所 :地中海料理&ワイン・ビアバル オクターヴァ
利用時間 :16時から17時の入店、利用は入店より1時間30分
内  容 :
1.ドリンクメニューがすべて50%割引
2.パーティプラン 3,500円(通常価格 5,000円)

ホテル京阪 京橋 グランデ
場  所 :レストラン ロレーヌ
利用時間 :16時から18時
内  容 :好きなものを好きなだけ楽しめるバイキング料理、ドリンク飲み放題付
価  格 :3,800円 (通常価格 4,000円)


【ホテル概要】
ホテル京阪 京都 グランデ
所在地:京都市南区東九条西山王町31番地(新幹線京都駅前)
URL :http://www.hotelkeihan.co.jp/kyoto/
 地中海料理&ワイン・ビアバル オクターヴァ
 〜京都駅前で、カジュアルにお酒と料理を楽しめる地中海料理&ワイン・ビアバル〜
 URL:http://www.hotelkeihan.co.jp/kyoto/restaurant/

ホテル京阪 京橋 グランデ
所在地:大阪市都島区東野田町2丁目1-38(京阪電車京橋駅直結)
URL :http://www.hotelkeihan.co.jp/kyobashi/
 レストランロレーヌ
 〜京橋駅直結、明るく開放的な店内で楽しむバイキングレストラン〜
 URL:http://www.hotelkeihan.co.jp/kyobashi/restaurant/




プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る