• トップ
  • リリース
  • 農場直営の無添加ハム工房「リーベフラウ」が徳島素材を使用した4日熟成の「究極の和三盆焼豚」を3月1日(水)「豚の日」に発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

有限会社 石井養豚センター

農場直営の無添加ハム工房「リーベフラウ」が徳島素材を使用した4日熟成の「究極の和三盆焼豚」を3月1日(水)「豚の日」に発売

(@Press) 2017年02月23日(木)10時30分配信 @Press

有限会社 石井養豚センター(所在地:徳島県名西郡、代表取締役社長:近藤 用三)が運営する、徳島県の無添加ハム・ソーセージ店「リーベフラウ」は、2017年3月1日(水)の「豚の日」より、徳島県の素材3品(阿波美豚・福寿醤油・讃岐和三盆)のみで作る「究極の和三盆焼豚」を1日30食限定で販売いたします。
「リーベフラウ」公式サイト: http://www.wiener.co.jp/


■無添加にこだわる開発の背景
リーベフラウは、日本の食の安全性が危惧されるハム・ソーセージを無添加で作る、徳島県・兵庫県神戸市にあるお店です。安全性だけではなく本当の美味しさを追求し、うま味調味料や着色料、防腐剤などの添加物を使用しないため、お子様やご高齢の方でも安心して食べていただける品質を保持しております。
無添加は豚肉(阿波美豚)と塩、香辛料を基本とし、商品によっては砂糖を微量、玉葱を風味付けで使用する程度で抑え、たんぱく加水分解物やエキスなどは一切入っていません。豚の育成から精肉、加工品製造まで、一貫したポリシーをもとに、鮮度の良い阿波美豚をドイツの製法に従い作っています。


■1日30食限定、3つの素材の黄金比で作られる「究極の和三盆焼豚」
材料は地元徳島の“阿波美豚”を使用し、地元の伝統的な木樽で作られる“福寿醤油”、“讃岐和三盆の糖蜜”のみを使用し、備長炭で焼き上げる本物の和三盆焼豚となっております。通常の製法で作られる焼豚は1日で完成しますが、「究極の和三盆焼豚」は4日間かけて作られます。また、通常の製法で作られる焼豚は、水や保水剤を注射し膨らませ150%ほど大きくなるのに対し、「究極の和三盆焼豚」保水剤などを一切使用しないため60%ほどの大きさまで小さくなります。しかし、その分お肉に美味しさが凝縮されるため、味はもちろんのこと、見た目まで美味しく仕上がります。


■究極の和三盆焼豚の素材
(1)阿波美豚
石井養豚センターが生み出した阿波美豚は「家族に食べさせたい安全でおいしい豚肉をつくる」という農場長の想いのもと作られた品種で、標高450メートルの山中で清らかな大気と緑豊かな環境の中手塩にかけて育てられています。阿波美豚は脂の融点が低く口の中でとろける美味しさを持っています。

(2)福寿醤油
創業1826年の福寿醤油株式会社の伝統的な醤油です。通常の醤油はタンクで3ヶ月〜4ヶ月しかかけずに作られる中、福寿醤油は最低でも1年の歳月をかけて伝統的な木樽、製法で自然発酵をさせ無添加無着色の醤油を今でも作り続けており、一般的な醤油よりも味に深みがあります。

(3)讃岐和三盆の糖蜜
「和三盆」は香川県や徳島県の、ごく一部の地域でのみ生産されている希少な砂糖です。和三盆には独特の風味があり、口溶けの良さや淡白さ、ほかの砂糖にはない特質を持っています。カルシウム・鉄分などが含まれている、伝統的な最高級のお砂糖です。讃岐和三盆の糖蜜は阿波美豚と合わさると豚肉の旨みを引き出し、味はもちろん、口溶けの良さや照りを生み出します。


■東京JPタワー・KITTE地下1階でのプレ販売の反応
2017年1月26日(木)、27日(金)に東京JPタワーKITTE地下1階で「お・いしい玉手箱」という石井町の物産展の中で「究極の和三盆焼豚」の試食会を行ないました。「美味しい」という意見がすべてを占め、「これは本当においしいですね。こんなに美味しい焼豚を食べたのは初めてです。」、「ふっくら柔らかで味が染み込んでいるのにあっさり何個でも食べられそう!」といったお声までいただきました。


■商品概要
商品名 : 究極の和三盆焼豚
価格  : 400円(税込)/100g
賞味期限: 10日
発売場所: リーベフラウ徳島石井本店、神戸店、オンラインショップ
URL   : http://www.wiener.co.jp/
限定個数: 徳島石井本店では土日限定販売で30個
      神戸店では土日限定販売で20個
      オンラインショップでは毎日30個限定販売

※店舗では焼き立てをご提供しております。


■店舗概要
【徳島石井本店】
店舗名 :リーベフラウ徳島石井本店
所在地 :〒779-3223 徳島県名西郡石井町高川原字高川原2268-3
営業時間:10:00〜20:00(毎週水曜定休)
TEL   :088-637-4567
FAX   :088-637-4566

【神戸店】
店舗名 :リーベフラウ神戸店
所在地 :〒658-0011 兵庫県神戸市東灘区森南町3-2-1 ヴィラ・クオーレ1F
営業時間:11:00〜20:00(毎週月曜定休)
TEL   :078-200-6037
FAX   :078-200-6038


■今後の展開
リーベフラウでは今後も無添加ハム・ソーセージなどの加工品を開発し続け、無添加への貢献活動を進めていきます。またフェアトレードで生産者からの適正価格での仕入れを続け、商品の高品質を維持するため今後も消費者への直接販売のみの展開とし、直営店での販売及びインターネットでの販売( http://www.wiener.co.jp/ )をメインに事業を進めていきます。


■会社概要
商号  : 有限会社 石井養豚センター
代表者 : 代表取締役 近藤 用三
所在地 : 〒779-3223 徳島県名西郡石井町高川原字高川原2379番地
事業内容: 精肉加工・精肉小売
URL   : http://www.wiener.co.jp/ (「リーベフラウ」で検索)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る