• トップ
  • リリース
  • フロスト&サリバンのアジアにおけるデータセンター事業者評価レポートにおいてNTTコミュニケーションズが最高評価を獲得

プレスリリース

  • 記事画像1

NTTコミュニケーションズ株式会社

フロスト&サリバンのアジアにおけるデータセンター事業者評価レポートにおいてNTTコミュニケーションズが最高評価を獲得

(@Press) 2017年03月06日(月)15時00分配信 @Press

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)は、米調査会社フロスト&サリバンが2017年3月3日に発行した「Frost Industry Quotient(IQ): Asia-Pacific Data Center Service Providers, 2017」レポートにおいて、アジア地域のデータセンター事業者として現在の市場シェアと将来の成長戦略の双方が優れている「チャンピオン」のポジションを獲得しました。

・フロスト&サリバン データセンター事業者評価レポート
https://www.atpress.ne.jp/releases/122619/img_122619_1.jpg

レポート抜粋(英語のみ)はこちらより参照してください。
http://www.ntt.com/content/dam/nttcom/hq/en/about-us/press-releases/pdf/2017/0306.pdf


 本レポートは、アジアにおける主要なデータセンター事業者12社を、サービス、人材育成、エコシステム、ビジネスの各戦略、並びに現在の市場シェアにもとづき、フロスト&サリバンが独自の調査方法により評価するもので、今回が初めての発行となります。
 NTT Comは、アジアにおいて、コロケーションやマネージドホスティング以外にクラウド、マネージドセキュリティ、ネットワークなど、幅広い高付加価値サービスをお客さまに提供している点に加え、2015年のインドネシアデータセンター事業者の買収や、インドのグループ会社Netmagic Solutions Private Limitedを通じたデータセンターの増設など、アジアにおいて継続的にデータセンター事業を拡大している点で高い評価を受けました。


【フロスト&サリバンについて】
 フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


<関連リンク>
・Nexcenter
http://www.ntt.com/business/services/data-center/colocation/nexcenter.html
・2015 Frost & Sullivan Asia Pacific ICT Awardsにおいて「Data Center Service Provider of the Year」を2年連続受賞
http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2015/20150618.html

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る