• トップ
  • リリース
  • 健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開『青汁で有名な野菜のケールがセレブに大人気!』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

サニーヘルス株式会社

健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開『青汁で有名な野菜のケールがセレブに大人気!』

(@Press) 2017年02月20日(月)13時45分配信 @Press

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『青汁で有名な野菜のケールがセレブに大人気!』を公開致しました。

https://microdiet.net/diet/001071.html


ハリウッド女優やモデルなど、海外ではセレブやヘルシー志向の高い人たちの間でケールが大人気!栄養価の高い野菜として、サラダやソテーなどで親しまれています。
日本ではケールといえば青汁の原料として知られ、美味しくないというイメージが定着していますが、最近ではスーパーで野菜として生のケールが陳列されるようなってきており、料理に取り入れる人も増えてきているようです。

ケールは地中海沿岸原産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーなどの仲間です。
セレブに愛されるその理由は、高い栄養素と強い抗酸化力にあります。
多くの野菜の中でも、ビタミン、ミネラル、フィトケミカル(微量栄養素)などの各種栄養素をバランス良く豊富に含んでいるのが特徴です。

【βカロテン、ルテインなど抗酸化力を持つカロテノイド】

自然界に存在する赤や黄色の色素成分で、強力な抗酸化成分を持つ「カロテノイド」がケールには含まれています。
ケールにはβ(ベータ)カロテン、ルテインなどのカロテノイドが含まれており、体のさびつきを予防し、紫外線ダメージから皮膚や目を守る作用があり、エイジングケアや生活習慣病の予防などに役立ちます。
βカロテンは体内に入ると必要量がビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つ作用、風邪予防、視覚の正常化などの役割も果たします。

ルテインは、白内障など加齢による目の病気への効果が期待されている成分です。
ケールが持つ強い抗酸化力の理由として考えられているのが、仲間であるキャベツのように丸く結球しないため、葉全体に太陽の光が当たるということ。光合成することのできる面積が広いため、より多くの栄養分を合成し、植物が自衛するための抗酸化物質も増えると考えられています。

【美容に必須のビタミンC】

ビタミンCは野菜の中でトップクラスのピーマンやブロッコーリーに次ぐ含有量。100gあたり81mgもの量が含まれています。

ビタミCは、美白作用、またコラーゲンを生成する上で不可欠で、美容に必須の栄養素です。
現代人は潜在的にビタミンCが欠乏しており、大気汚染や化学物質、ストレスの増加により、体を守るビタミンCの消耗が以前より多いと言われています。
水溶性ビタミンであるため過剰摂取をしても体外に排出されるので、積極的に摂取すべき栄養素です。

【骨を強くするカルシウム、マグネシウム、ビタミンK】

骨の構成や精神安定に必要なカルシウムが、ケール100g当たり220mgと野菜中ではトップクラスの含有量です。
ただ含有量が多いだけでなく、カルシウムの吸収を助け合成に必要なマグネシウムがバランス良く含まれるほか、骨にカルシウムが留まるのを助けるビタミンKも多いです。
反対に、ほうれん草に多く含まれカルシウムの吸収を阻害するシュウ酸は、ケールにはほとんど含まれません。

【クロロフィル】

フィトケミカル(微量栄養素)の1つであり、「葉緑素」とも呼ばれています。ほうれん草やピーマン、オクラなど緑色の植物が光合成を行なう上で欠かせない色素です。抗酸化作用、消臭・殺菌効果があり、体臭や口臭を抑える作用や、抗アレルギー作用なども期待されています。

【イソチオシアネート】

キャベツ、ブロッコリー、白菜などアブラナ科の野菜、大根おろしに多く含まれています。
イソチオシアネートには解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用、食中毒予防、血液サラサラ効果、抗酸化作用などがあり、美肌やエイジングケア、健康面でも効果があるとされています。

■セレブもハマる、ケールレシピ

ケールは小松菜やキャベツと同じような調理法で食べることができます。生でサラダに、炒め物やパスタ、おひたしなど幅広く活用することのできる野菜です。
下処理として、葉とその中心の芯の部分(茎)を切り分けてからカットすると扱いやすくなります。

様々な食べ方ができる中でも、セレブたちがヘルシースナックとしておやつにつまんでいるのがケールチップ。ジャンクフード欲も満たしてくれるこのレシピは、ダイエットの強い味方になることでしょう。


さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『青汁で有名な野菜のケールがセレブに大人気!』をご参照ください。
https://microdiet.net/diet/001071.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から28年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る