• トップ
  • リリース
  • シンガポールからの逆輸入家具ブランド「KAMARQ(カマルク)」がビジネス向けIoTソリューション開発を手がける株式会社コムツァイトを吸収合併

プレスリリース

KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.

シンガポールからの逆輸入家具ブランド「KAMARQ(カマルク)」がビジネス向けIoTソリューション開発を手がける株式会社コムツァイトを吸収合併

(@Press) 2017年03月09日(木)11時00分配信 @Press

「あなたの世界を広くする」をタグラインに、「家具×IT」でこれまでにないコンセプトのプロダクトを生み出す家具ベンチャー「KAMARQ HOLDINGS(本社:シンガポール、創業者/代表:和田 直希、以下 カマルク)」は、事業強化を目的に、IoTを活用した産業向け・設備管理向けのソリューション開発を得意とする株式会社コムツァイト(所在地:鹿児島県鹿屋市、代表取締役:岩倉 路和)を吸収合併(以下 本合併)することを決定しましたので、お知らせします。


本合併を通じ、カマルクは、今後も引き続きIoTを使用した家具を発表、同分野での東南アジアと日本トッププレイヤーから世界展開を目指します。また、この新体制により、最大限にシナジーを発揮する体制を整え、全く新しいサービスや価値を生み出すとともに、更なるサービスの向上に努め世界的な販売体制を整えていく予定です。


コムツァイトは、IoTを活用して大型ビル向けの従来では見逃されていた設備の稼働状況を収集、管理、分析できるソリューションや、Industry 4.0に代表される工場のIoT化に対応する製造管理ソリューションを提供してきました。近年では、最新の非接触バイタルセンサのデータ分析技術を応用して、大型の介護福祉施設向けに見守りソリューションの提供を開始し、時代の要請にも応えつつあります。


1.吸収合併の目的
今回の統合でカマルクとコムツァイトは、国内だけでなく海外でも類をみない競争力を持つIoT家具ブランドになります。これまで、コムツァイトが培ってきた産業向け、設備管理向けの強固な技術基盤に、カマルクが持つコンシューマ及び商業分野への展開力、洗練されたデザイン力を融合させ「あなたの世界を広くする」全く新しいプロダクトやテクノロジー、サービスの創造を目指すべく、本合併を実施いたしました。

2.吸収合併の背景と今後
コムツァイトを存続会社とする吸収合併方式になります。また、本合併による株式その他金銭等の割当てはありません。新株式の発行及び資本金の増加もございません。
デザイン性の高い家具に、トップクラスのシステムを外部からわかならないように組み込み、日常に解け込むIoT家具の普及を目指します。


【会社概要】
会社名  : 株式会社コムツァイト(ComZeit, INC.)
本社所在地: 〒893-0013 鹿屋市札元1丁目24番20-9号
代表者名 : 代表取締役 岩倉 路和
事業内容 : IoT&M2Mソリューション開発
       時系列データ管理システム販売及びソリューション開発
       ネットワークソフトウェア販売及び開発
       その他、専門性の高いシステムに関するコンサルテーション
資本金  : 1,000万円
設立日  : 2002年3月1日
URL    : http://www.comzeit.co.jp/


【会社概要】
会社名   : KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.(カマルク ホールディングス)
創業者/代表: 和田 直希
事業内容  : スマートプロダクト及び、
        スマートホームアプリケーションの企画・開発
設立日   : 2014年6月11日
URL     : http://kamarq.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る