プレスリリース

  • 記事画像1

特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン

子ども向け冊子、「みんなの仙台防災枠組」が完成!

(@Press) 2017年02月17日(金)09時30分配信 @Press

国際協力NGOチャイルド・ファンド・ジャパンは、「仙台防災枠組」を子ども向けに分かりやすく説明した冊子「みんなの仙台防災枠組」を他団体と協力して制作しました。ゲームやパズルもあり、子どもたちが学校や家庭で楽しみながら防災について学ぶことができます。チャイルド・ファンド・ジャパンのウェブサイトからPDFファイルをダウンロードすることができます。

https://www.childfund.or.jp/blog/170214sfdrr


2015年3月、仙台市を中心に国連防災世界会議が開催され、「仙台防災枠組」が採択されました。この枠組では、子どもを含む災害弱者がおかれた状況をふまえ、世界各国が2030年までに取り組むべき防災・減災の課題が示されています。

また、2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)でも、防災に関する目標が策定されています。目標11では、ぜい弱な立場に置かれた人々の保護に焦点をあてながら、災害による被災者数を大幅に減らすことなどがうたわれています。

災害から子どもたちを守るためには、子どもたち自身が自分にできることは何かを考え、意見を出し合い、主体的に防災の取り組みに参加することが大切です。チャイルド・ファンド・ジャパンは、「緊急時、防災における子どもの保護の能力強化」を優先課題の1つとして掲げ、防災の取り組みのなかでも子どもの権利が守られるための活動を行っています。

その一環として、「仙台防災枠組」を子ども向けに分かりやすく説明した冊子「みんなの仙台防災枠組」を他団体*と協力して制作しました。ゲームやパズルもあり、子どもたちが学校や家庭で楽しみながら防災について学ぶことができます。

この冊子は、“Sendai Framework for Disaster Risk Reduction for Children”(英語)を日本語版にしたものです。子どもたちが、「仙台防災枠組」について興味を持って理解が深められるよう、あらゆる国、異なる文化の子どもたちが見ても受け入れやすいイラストを採り入れています。

冊子は、チャイルド・ファンド・ジャパンのウェブサイトからPDFファイルをダウンロードすることができます。

<34.9MB、見開きページ、高解像度>
https://www.childfund.or.jp/files/SFDRR_double_high.pdf
<4.4MB、見開きページ、低解像度>
https://www.childfund.or.jp/files/SFDRR_double_low.pdf
<67.3MB、単ページ、高解像度>
https://www.childfund.or.jp/files/SFDRR_single_high.pdf
<4.9MB、単ページ、低解像度>
https://www.childfund.or.jp/files/SFDRR_single_low.pdf


*国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所、国連児童基金(ユニセフ)、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る