• トップ
  • リリース
  • 写真撮影も可能!約1,000体の猫が文化財に大集合「福ねこ展at百段階段」〜和室で楽しむ ねこアート〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社目黒雅叙園

写真撮影も可能!約1,000体の猫が文化財に大集合「福ねこ展at百段階段」〜和室で楽しむ ねこアート〜

(@Press) 2017年02月16日(木)14時00分配信 @Press

目黒雅叙園(運営:株式会社目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2017年4月26日(水)から5月14日(日)まで、「福ねこat百段階段展 〜和室で楽しむ ねこアート〜」を園内・東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催いたします。「ねこ」は、奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族の寵愛をうけてきました。さらに江戸時代には、庶民の身近な存在となり、浮世絵などのアートに登場するようになった日本人になじみの深い動物です。文化財を舞台に独創性と技量に富んだ9名のアーティストによる6ジャンルのねこアート作品(絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真)、が約1,000点集合します。


【見どころ】
(1) 366匹の「誕生日猫」の展示など、日本を代表するねこ作家9名の作品が文化財に初登場!
絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真など6ジャンルのアート作品を1,000点展示します。
福招き猫366匹に誕生日を記した「誕生日猫」(1年365日+うるう年)を制作したのは、日本で初めてねこを神仏像にした猫アーティストのもりわじん。同氏が生み出す柔らかな猫の表情は、新たな猫の魅力を引き出します。自分の誕生日の“私だけの福招き猫”を探せます。

その他、近年話題の浮世絵師・歌川国芳の作品「猫飼好五十三疋」に描かれている53匹のねこを完全再現した立体作品や、超絶技巧でねこを表現する切り絵、さらには“人間に媚びないねこ”を独特の技法で描き上げた日本画など約1,000点が集合。さまざまな表現を通じて「猫がもたらす福」をお楽しみいただけます。

(2) 今年初!展示会場内の撮影が可能に
通常は撮影NG(一部企画展除く)となる文化財・百段階段にて、撮影が全室可能となります。愛らしい猫たちの姿と、昭和の名画や大工の名工が揃う百段階段の様子を撮影できます。


【作家紹介】
<生命形態作家 もりわじん>
◇日本で初めて猫を神仏像にした猫アートの先駆者
 あなたの誕生日の福猫に会える366体の「誕生日猫」ほか、ユニークな作品に驚いてください。

<造形作家 小澤康麿(おざわ やすまろ)>
◇浮世絵を立体化した陶芸作品で知られる
 平安時代の貴族から江戸庶民にまで愛された福ねこたちがやってくる

<日本画家 川上けいすけ>
◇日本画の手法で気高く耽美的なねこを描く
 猫のヌーボー日本画と花、「草丘の間」のコラボレーション

<創作人形作家 石渡いくよ>
◇時代衣装の猫に託して人間の姿を生き生きと表現する
 江戸縮緬古裂の衣裳をまとった、思わず和んでしまう猫人形の世界

<切り絵作家 松風直美>
◇切り絵の超絶技巧で猫を表現する「猫切り絵の世界」
 切り絵でここまで表現できるのか、技ありの世界

<美術家 なかむらじん>
◇伝統的な枠組みに新しい価値を盛り込む
 古伊万里風のアート器から猫仏画までジャンルにとらわれない猫作品

<絵描き 石黒亜矢子>
◇妖怪シリーズなど「怖くて可愛い」猫を描く
 1973年生まれの絵描き。絵本や装丁画、挿絵など。
 妖怪や架空の生き物・動物などを描く作風で知られており、迫力のある画力とユニークな世界観の作品が特徴的。

<写真家 アクセント>
◇躍動感のある写真で猫の生きる 瞬間を切り取る
 コミカルな写真がツイッターで話題になりフォロワーは1万人を超える。半年で10万枚以上猫を撮影し、初写真集「のら猫拳」を出版。今回自身初の企画展参加となる。

<彫刻家 はしもとみお>
◇温もりのある木彫で可憐な動物を表現する
 彫刻家。「生」をテーマに動物の肖像彫刻を制作するほか、イラストや絵本制作も手掛ける。


【2種類の猫マーケットも同時開催】
(1) 猫アートマーケット(会場内「頂上の間」にて)
出展作家をはじめ、17名のねこアーティストの1点もの作品を展示即売するギャラリーショップ。
<出展作家(一部)>
稲田敦(アート刺繍/イラスト/人形)、奥平浩美(ジュエリー)、きびねの(創作人形)、小紅(友禅染絵)、櫻井魔己子(立体造形)、東早苗(九谷焼)、平林義教・利依子(七宝焼)、松本浩子(人形)、目羅健嗣(絵画/立体) 他

(2) 猫グッズマーケット(会場内「物販コーナー」にて)
ねこをあしらったステーショナリーや小物など、センスのよいグッズがラインナップ。ねこ好きな方へのお土産にも。

※商業的な撮影及び、フラッシュ・三脚を使用した撮影は除きます。

会場となる「百段階段」は、2009年に東京都の指定有形文化財に指定された、目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築です。
江戸文化の贅を受け継ぐ昭和の色彩空間として、今も大切に保存されています。99段の長い階段廊下で結ばれた7つの部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家たちが作り上げた美の世界が描かれています。


【開催概要】
展覧会名:「福ねこ at 百段階段展 〜和室で楽しむ ねこアート〜」
開催期間:2017年4月26日(水)〜5月14日(日)
開催時間:10:00〜18:00(最終入館17:30)
入場料 :当日 1,500円 前売 1,200円(園内前売1,000円 ※4月25日迄)
     学生 800円 ※要学生証呈示 小学生以下無料
会場  :目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
お問合せ:03-5434-3140(10:00〜18:00 イベント企画)
主催  :目黒雅叙園
販売窓口:目黒雅叙園内、ローソンチケット、セブンチケット、JTB各店、
     JTBレジャーチケット
     [インターネット]イープラス
※出展作家や出展作品は変更となる場合がございます。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る