• トップ
  • リリース
  • TKP、札幌市内最大級の宴会場『TKP札幌コンベンションホール』を4月1日運営開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ティーケーピー

TKP、札幌市内最大級の宴会場『TKP札幌コンベンションホール』を4月1日運営開始

(@Press) 2017年02月15日(水)11時30分配信 @Press

株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野 貴輝、資本金:2億8,779万5千円、以下 TKP)は、札幌市南区の「アパホテル&リゾート<札幌>」内の宴会場を2017年4月1日から『TKP札幌コンベンションホール』として運営します。

URL: http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/ch-sapporo


■『TKP札幌コンベンションホール』について
『TKP札幌コンベンションホール』は、「アパホテル&リゾート<札幌>」内の1階にある宴会場で、2,000名の収容が可能です。また天井高5.5mの室内は間仕切りにて3室に区切ることができ、大型の催事をはじめ、多目的用途での利用が可能です。道内でも最大級のコンベンションホールとなります。
「アパホテル&リゾート<札幌>」は全903室の客室があり、250台の無料駐車場も完備されています。主に会議や研修と宿泊を組み合わせたMICE需要やビジネス需要を取り込んでいく予定です。


TKPは日本全国ならびに海外に1,780室、129,985席(2017年2月現在)の貸会議室、貸ホール、ホテル宴会場を展開しております。アパホテルとはこれまでも、札幌市内や日暮里駅前でフランチャイズ方式による会議室併設型ハイブリッドホテルの運営や、アパホテル内の宴会場をTKPが運営するなど、様々な形で連携を取り、戦略的な展開を図っております。


■今後の展開
今回の『TKP札幌コンベンションホール』の運営開始によって、TKPは北海道において9施設、85室の会場を運営することになります。
TKPは「日本の会議を良くしたい」をテーマに、各主要都市や未出店地域において、利便性の高い機能的なオフィスビルやランドマークとなるビルやホテルへの出店を積極的に進め、国内ネットワークの更なる拡充を図ります。

「空間再生流通企業」として無から有を生み、イノベーションを通して空間を「楽しく」「喜んでもらえる」ようプロデュースし、今後も社会に貢献してまいります。


■TKP札幌コンベンションホール
所在地 : 北海道札幌市南区川沿4条2丁目
      アパホテル&リゾート<札幌>1階
アクセス: 地下鉄南北線「真駒内」駅から車約7分、バス約10分
TEL   : 011-600-2608(予約センター)
URL   : http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/ch-sapporo


■会場概要 フロア1F
会議室名/収容人数(名)/面積(m2)
リュクス全/2,000名/1,356m2
A/576名/454m2
B/576名/448m2
C/576名/454m2
A+B/1,152名/902m2
B+C/1,152名/902m2
グレース/70名/86m2


【株式会社ティーケーピー会社概要】
代表者  : 代表取締役社長 河野 貴輝
本社所在地: 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル2F
設立   : 2005年8月15日
資本金  : 2億8,779万5,000円
決算期  : 2月
従業員数 : 1,868名(グループ会社含む)
事業内容 : 空間再生流通事業
       ホテル宴会場・貸会議室事業
       ホテル&リゾート事業
       料飲・レストラン運営事業
       レンタル事業
       海外事業・旅行関連事業
       コールセンター事業
主な株主 : 河野 貴輝、
       伊藤忠商事グループ、株式会社三井住友銀行、
       住友商事株式会社、株式会社井門コーポレーション、
       株式会社ジャフコ
URL    : http://tkp.jp


※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る