• トップ
  • リリース
  • 法政大学地域研究センター 地方創生シンポジウム「地域におけるイノベーション」を3月1日市ケ谷キャンパスで開催

プレスリリース

学校法人法政大学

法政大学地域研究センター 地方創生シンポジウム「地域におけるイノベーション」を3月1日市ケ谷キャンパスで開催

(@Press) 2017年02月16日(木)13時00分配信 @Press

法政大学では2017年3月1日(水)、市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)で地方創生シンポジウム「地域におけるイノベーション」を開催します。

現在「地方創生」が大きな課題となっていますが、地方創生には技術的なイノベーションばかりではなく社会的なイノベーションが不可欠です。当シンポジウムでは地方における経済や社会に関するイノベーションの可能性を、自治体や人工知能、学習地域などのトピックや海外の先進事例を講演で紹介し、パネルディスカッションで「地方創生」のあり方を議論します。イベントはどなたでもご参加いただけます(要事前申込・参加費無料)。


【開催概要】
■日時
2017年3月1日(水)13:00〜17:00(開場12:30)

■会場
法政大学市ケ谷キャンパス 富士見ゲート6階 G602教室
(東京都千代田区富士見2-17-1)
JR総武線 市ケ谷駅および飯田橋駅、都営新宿線・東京メトロ有楽町線・南北線・東西線 市ヶ谷駅から徒歩約10分

■プログラム
<開会挨拶>
増田 正人(地域研究センター所長、担当常務理事、社会学部 教授)

<司会>
松本 敦則(専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科 准教授)

<講演(五十音順に記載)>
「地域活性化に向けた社会イノベーション」
岡本 義行(大学院 政策創造研究科 教授)

「自治体のイノベーション」
上山 肇(大学院 政策創造研究科 教授)

「人工知能(Deep Learning)の発展が社会にどのような変革をもたらし、地域の活性化にどのような可能性をもたらすか」
小林 尚登(デザイン工学部 教授)

「地域イノベーションの先進事例:スイス」
田口 博雄(社会学部 教授)

「スウェーデン・ヨーテボリの産業創出を牽引する大学発ベンチャー」
田路 則子(経営学部 教授)

「学習地域とイノベーション」
樋口 一清(大学院 政策創造研究科 教授)

<パネルディスカッション>
コーディネーター:岡本 義行


■参加
参加費無料

■申込
以下のURLよりお申し込みください。※要事前申込
https://www.event-u.jp/fm/10770 (PC・スマートフォン用)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る