• トップ
  • リリース
  • 全国初の試み!解体職人が仕事場で筋肉をアピールする「解体工事職人マッチョフォトコンテスト」を開催

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社クラッソーネ

全国初の試み!解体職人が仕事場で筋肉をアピールする「解体工事職人マッチョフォトコンテスト」を開催

(@Press) 2017年02月15日(水)11時30分配信 @Press

解体工事の業者と依頼主のマッチングサイト「解体工事の匠」を運営する、株式会社クラッソーネ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:川口哲平)は、2017年2月6日から4月10日まで解体業者が現場で鍛えた肉体をアピールするフォトコンテスト「解体工事職人マッチョフォトコンテスト( http://crassone.jp/photocon/ )」を開催いたします。解体職人に限定したフォトコンテストの開催は、全国初の試みです(※)。
※2017年2月現在、当社調べ


2016年の建設業法の改正で「とび・土工工事業」から独立し、専門業種としての「解体工事業」が新設され、最近では地震による被災した家屋などの解体撤去で活躍しています。しかし、世間の解体工事業者へのイメージは、未だ好意的ではないものが多いのではないでしょうか。

当社はマッチングサイト運営を通して、1,000社以上の提携業者と関わり、彼らの仕事への想いや誇りに触れています。熱意を持って働く彼らの姿を伝える場所を作ることにより、解体工事業のイメージアップにつながるのではないかと考え、このコンテストを開催するに至りました。


■職人の応募写真は3月上旬から公開
応募写真は3月上旬頃から、特別ページにて公開を始めます。
「マッチョ」と銘打つだけあり、現場で鍛えた肉体をアピールする写真が多く寄せられるので、筋肉が好きな方にとっても見ごたえがあります。結果発表は4月下旬を予定しております。

解体工事職人マッチョフォトコンテスト
http://crassone.jp/photocon/


■『月曜から夜ふかし』で話題になった二丁目のママなど個性豊かな審査員
日本テレビ系『月曜から夜ふかし』にて独特のギャグで脚光を浴びる二丁目のママ、自称・日本一顔が使われているフリー素材モデル、土木建築の現場を追ったカルチャー雑誌の発行人、体重100キロ以上のメンズ専門ファッション通販サイトの『MID International』の社長など、様々なバックグラウンドの審査員が、独自の角度で応募者からの写真を審査いたします。

<審査員一覧>
・新宿二丁目のママ ゆっこママ
・フリー素材モデル 大川竜弥
・土木建築の現場を追ったカルチャー雑誌「BLUE'S MAGAZINE」の発行人 柳知進
・株式会社ミッドインターナショナル代表 上田佳宏
・日本最大規模の解体工事マッチングサービス「解体工事の匠」責任者 前川優


■誰でも投票ができる一般審査がある
このコンテストは審査員以外でも投票が可能。応募された写真に「投票する!」を押してその数が一番多かった職人さんが選ばれる「一般審査」も用意しています。


■オーダーメイドの「名入れバール」など現場で使える賞品
コンテストの入賞賞品は、解体工事の現場で役立つものを揃えています。家屋解体などで使われるバールをオーダーメイドで作り、名入れする「マイ・バール」、たくさん汗をかく夏の現場が快適になる、メイド・イン・ジャパンの超吸水タオルなどです。


■会社概要
株式会社クラッソーネ
責任者   : 代表取締役社長 川口哲平
所在地   : 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 ORE名駅東4F
ホームページ: http://www.crassone.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る