• トップ
  • リリース
  • ダークトレース、世界最速の成長を遂げるサイバーセキュリティ企業に認定

プレスリリース

ダークトレース・ジャパン株式会社

ダークトレース、世界最速の成長を遂げるサイバーセキュリティ企業に認定

(@Press) 2017年02月10日(金)15時30分配信 @Press

機械学習と数学理論に基づくEnterprise Immune System技術でサイバーセキュリティ業界をリードするDarktrace Limited(以下、ダークトレース、本社:米国サンフランシスコ、英国ケンブリッジ)は、このたび「2017 Cyber Security Excellence Awards」において、世界で最も速い成長を遂げるサイバーセキュリティ企業(Fastest Growing Cyber Security Company)に認定(※)されたことを発表します。


Cyber Security Excellence Awardsは、世界最大のビジネスソーシャルネットワークLinkedInにおいて最大規模の情報セキュリティコミュニティに属する35万人以上のメンバーによって選出される賞で、卓越した、革新的な技術・製品を提供し、情報セキュリティ業界におけるリーダーシップを実証する世界各国の企業・個人を認定するものです。ダークトレースが提供するサイバー防御のプラットフォームEnterprise Immune Systemは、ケンブリッジ大学の専門家による高度な数学理論と機械学習を駆使してネットワーク全体の定常状態を常に把握・可視化することで、ルールやシグネチャに依存せず異常な挙動や未知の脅威をリアルタイムかつ自動的に検知・軽減する画期的な技術です。設立から4年弱の間、ダークトレースは平均で前年比600%の成長を続けており、これまでに世界60か国において2,000件以上の導入実績を誇ります。

ダークトレースの最高経営責任者(CEO)、ニコール・イーガンは、「ダークトレースの傑出した成長を認定するこのような賞をいただけることを嬉しく思います。脅威を取り巻く環境が急速に進化する中、ランサムウェアやIoTデバイスに対する攻撃、内部脅威が従来のセキュリティソリューションをすり抜けてしまうことを私たちは目の当たりにしています。弊社のEnterprise Immune System技術は、境界防御を試みるのではなく、ネットワークの通常の生活パターンを学習し続けることで異常を自動的に検知・軽減し、ネットワークの内部から自身の予防接種をしているのです。この自己学習型アプローチは、あらゆる産業分野の企業において極めて大きな需要があり、私どもの輝かしい成長はこの技術の強みを反映したものです。」と述べています。

(※)従業員数100〜500名のカテゴリにおける受賞。2017年 Cyber Security Excellence Awardsについて詳しくは公式ウェブサイト( http://cybersecurity-excellence-awards.com/2017-cybersecurity-excellence-awards/ )をご覧ください。


【参考資料】
ダークトレースについて

ダークトレースは、世界をリードするサイバー防御企業の1つです。数々の受賞歴を誇るダークトレースのEnterprise Immune System技術は、ケンブリッジ大学の専門家により開発された機械学習と数学理論をベースに、組織内のあらゆるデバイス、ユーザーおよびネットワークの生活パターンを学習し、ルールやシグネチャに依存せず、新たな脅威を自動的に検知し、損害が出る前にサイバー脅威を特定・軽減します。エネルギーおよび小売、電気通信、製造、金融サービス、ヘルスケアを含む世界各国のあらゆる産業分野の企業がダークトレースの自己学習型アプライアンスを導入しています。本社は米国サンフランシスコと英国ケンブリッジにあり、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ、ムンバイ、パリ、シンガポール、シドニー、東京、トロントを含む世界に23の拠点を置いています。
詳しくは、日本語ウェブサイト( http://www.darktrace.jp/ )をご覧ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る