• トップ
  • リリース
  • 「TOKYOの酒」をPR中の福生が贈る“飲み歩き”イベント 第5回福生ハッピーバルタウン 2月19日・20日開催

プレスリリース

  • 記事画像1

「TOKYOの酒」をPR中の福生が贈る“飲み歩き”イベント 第5回福生ハッピーバルタウン 2月19日・20日開催

(@Press) 2017年02月10日(金)11時30分配信 @Press

東京都西部の福生市では、多くの人により気軽に市内飲食店を利用してもらうために、約36店舗の料理とお酒をお得に楽しめるイベント「第5回福生ハッピーバルタウン」を2017年2月19日(日)と20日(月)に開催します。

URL: http://www.fussabartown.com/


【イベント概要】
<福生のグルメを食べ歩き・飲み歩きするチケット制のイベントです>
市内飲食店の味を知ってもらい、「イチゲンさん」から「常連さん」になってもらうことを目的に、スペインのBAR(バル)文化を福生のまちに再現した、まちを再発見できるチケット制の飲食イベントです。
BAR(バル)とはスペインで『飲み屋さん』のことを意味し、食事前に友人たちとBARを廻り歩き交流するのが習慣です。福生市内飲食店を渡り歩き、チケットを指定された枚数手渡すことで、お店自慢のおすすめのドリンクとフードのセットを食べ・飲み歩きしながらお店の魅力に触れてもらいます。
また、チケットは友達と分けて利用することも可能なため、事前に行きたいお店を複数チェックし、自分たちだけのグルメルートを考える等、楽しみ方も色々です。なお、YouTubeでは過去の「福生ハッピーバルタウン」の様子も公開しています。

<余ったチケットは「あとバル」で利用できます>
当日使い残してしまったチケットは、翌日以降に参加店舗で使い切ることができます(通称:あとバル)。下記期間中、参加店舗で1枚300円の金券として利用できます。※払い戻しはできません。

<「ふるまい酒」を実施し、地元の日本酒と地ビールを無料でふるまいます>
今年の目玉企画として、2月19日(日)午後4時から、「カフェ・ドゥ・ジャルダン福生駅西口店」(東京都福生市福生1044番地)前で、田村酒造場の地酒「嘉泉」と石川酒造の地ビール「多摩の恵」を各先着100人の方に無料で1杯ふるまいます。


【開催期間】
2017年2月19日(日)〜20日(月) 午後5時〜11時
(※「あとバル」は2月21日(火)〜27日(月)の期間で開催します。)

【チケット(10枚綴り)】
価格     :前売り販売 3,000円、当日販売 3,500円
購入方法   :・福生ハッピーバルタウンホームページ
        ( http://www.fussabartown.com/ )から申込み
        ・チケット販売所で直接購入
         (現在前売りチケットを販売中です。
         イベント当日にも当日チケットを購入できます。)
チケット販売所:・各参加店舗
        ・西多摩新聞社(東京都福生市本町33)
        ・福生商店街協同組合事務所(東京都福生市本町112-2)
        ・福生市観光案内所くるみる ふっさ(東京都福生市本町23)


【福生市では現在「TOKYOの酒」をプロモーション中です】
福生市では、地元老舗酒造とコラボしたPRアニメを公開し、「TOKYOの酒」を国内外へ発信しています。今回の「福生ハッピーバルタウン」で実施する「ふるまい酒」では、本アニメに登場する二つの酒造が実際に製造するお酒を振る舞います。

[福生市PRアニメページURL]
http://www.city.fussa.tokyo.jp/sightseeing/amuse/1005934.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る